鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



源実朝

編集:yoritomo-japan.com







源実朝像
源実朝
(京都:大通寺蔵)


 源実朝(みなもとのさねとも)は、源頼朝北条政子の次男。

 1192年(建久3年)8月9日に誕生(実朝の誕生)。

 1203年(建仁3年)、兄頼家の失脚後、12歳で三代将軍となった(参考:比企氏の乱)。

 「実権は二代執権北条義時と母である北条政子に握られ、蹴鞠や和歌にふけるようになる」という批判的な評価がされがちだが、将軍親裁を推進し、大江広元北条義時らの幕府首脳部に劣らない政治手腕を発揮。

 後鳥羽上皇とも良好な関係を築き上げた。

 1219年(建保7年)1月27日、鶴岡八幡宮での右大臣拝賀式の際に、甥の公暁(兄頼家の子)に暗殺された(源実朝の暗殺(源氏の滅亡) )。



〜実朝の官位昇進〜

 実朝は、官位の昇進を強く望んでいた。

 『吾妻鏡』によると、その理由は「源氏の正統は実朝で絶えることになるので、せめて高官に昇り、家名をあげたい」というもの。

 それには「将軍後継に後鳥羽上皇の皇子」という考えがあったという説がある。

 次々に昇進を続けた実朝は、最終的に右大臣となった。

 後鳥羽上皇の官打(かんうち)ともいわれるが、武家政権との融和を図っていたと考える方が妥当なのかもしれない。

 リンクボタン昇進を重ねた源実朝


「官打」とは、身分不相応な位に昇らせ不幸にしようという考えのこと。







〜主な出来事〜

1203年(建仁3年)

 9月2日、比企能員北条時政に暗殺される。
 9月7日、征夷大将軍の宣旨。
 10月8日、元服。
 実朝の名は、後鳥羽上皇から賜った。

リンクボタン兄源頼家の失脚で将軍となった源実朝

リンクボタン慈円の愚管抄が伝える比企能員の変


比企氏の乱


1204年(元久元年)7月18日

 兄頼家が幽閉先の修禅寺で暗殺される。


源頼家墓
リンクボタン源頼家の墓
(修禅寺)


1204年(元久元年)12月10日

 坊門信清の息女信子を妻として迎える。
 信子は後鳥羽上皇の従兄妹。


1205年(元久2年)4月12日

 十二種の和歌を作る。


1205年(元久2年)6月22日

 畠山重忠北条時政の謀略によって討たれた。

 それから間もない閏7月、時政とその妻牧の方が実朝を亡きものとして平賀朝雅を将軍に据えようという企てが発覚し、時政と牧の方は伊豆へ追放され、平賀朝雅は誅殺された。


畠山重忠の乱

牧氏の変〜牧の方の陰謀〜


1205年(元久2年)9月2日

 父頼朝の歌が入集している『新古今和歌集』の筆写を取り寄せる。


1206年(建永元年)

 鶴岡八幡宮の良信が江島神社辺津宮を建立。


江の島
リンクボタン江の島
江の島辺津宮
リンクボタン辺津宮


リンクボタン源実朝が請来した仏舎利の伝説


1208年(承元2年)2月

 疱瘡を患う。


1209年(承元3年)

 政所の設置。

 政所は従三位以上の公卿に許された家政機関(実朝は4月10日に従三位に叙せられている。)。


1209年(承元3年)

 3月14日、武蔵国田文作成・国務条々制定
 8月9日、神社佛寺領の興行令
 10月13日、諸国御牧興行令 


1209年(承元3年)7月5日

 和歌二十首を住吉大社に奉納し、藤原定家に三十首の和歌の添削を依頼。


住吉大社
リンクボタン住吉大社


1211年(建暦元年)

 6月26日、東海道新宿建立令
 12月27日、駿河・武蔵・越後等大田文作成


1211年(建暦元年)7月

 「時によりすぐれば民の嘆きなり八大龍王雨やめたまへ」

 この歌は大山阿夫利神社に祈念したときの歌なのだという。

 大山寺倶利伽羅堂がその時の堂なのだとか・・・


大山阿夫利神社
リンクボタン阿夫利神社
大山寺倶利伽羅堂
リンクボタン倶利伽羅堂
(大山寺)


1211年(建暦元年)10月

 鎌倉に下向した鴨長明と面会。

 長明は、京都下鴨神社の摂社河合神社の禰宜職の争いに敗れて隠棲し、『方丈記』や『無名抄』を著した。

 源頼朝法華堂では「草も木もなびきし秋の霜消えて空しき苔をはらう山風」と詠んでいる。

 リンクボタン源実朝と鴨長明


河合神社・方丈
リンクボタン鴨長明の方丈
(京都:河合神社)


1212年(建暦2年)

 2月19日、京都大番役推進令
 2月28日、相模川橋修理令
 8月19日、鷹狩禁断令


1212年(建暦2年)6月20日

 壽福寺栄西を訪れ、仏舎利三粒を譲り受ける。

 のちに実朝は宋から仏舎利を請来。
 円覚寺舎利殿に納められているものがそれなのだという。 


円覚寺舎利殿
リンクボタン舎利殿
(円覚寺)


1213年(建暦3年)2月27日

 閑院造営に協力した賞として正二位に叙される。

 北条義時も正五位、相模守に。


1213年(建暦3年)

 2月、泉親衡の謀反の企てが露見。

 この事件をきっかけに、5月2日、和田義盛北条義時に対して挙兵(和田合戦)。

 この合戦により和田氏が滅んだ。


和田合戦


歌ノ橋
リンクボタン歌ノ橋


1213年(建暦3年)

 「山はさけうみはあせなむ世なりとも君にふた心わがあらめやも」


源実朝歌碑
リンクボタン実朝歌碑
(鶴岡八幡宮)


1213年(建保元年)11月23日

 藤原定家から『万葉集』の一部を贈られる。

 家集『金槐和歌集』が編纂されたのがこの頃といわれている。


金槐和歌集
リンクボタン金槐和歌集


1214年(建保2年)2月4日

 壽福寺栄西が、実朝に『喫茶養生記』を献上した。


喫茶養生記
リンクボタン喫茶養生記
栄西
リンクボタン栄西禅師坐像


1214年(建保2年)7月7日

 実朝創建の大慈寺の法要。

 大慈寺は、後鳥羽上皇への恩と父源頼朝の徳をたたえるために建設を開始した寺院。


大慈寺跡
リンクボタン大慈寺跡


1215年(建保3年)7月6日

 坊門信清から6月2日に行われた「仙洞の哥合せ(衆議の判)一巻」が贈られる。
 これは後鳥羽上皇の指示によるもの。


1216年(建保4年)1月15日

 江の島が陸続きに。


江の島トンボロ
リンクボタン江の島トンボロ


1216年(建保4年)2月19日

 東寺宝蔵に納められていた仏舎利が盗まれ、盗人を捜索を命ずる宣旨が届く。


東寺宝蔵
リンクボタン東寺宝蔵
(京都)


1216年(建保4年)6月8日

 東大寺大仏鋳造と大仏殿の建設に尽力した宋の工人陳和卿と対面。


1216年(建保4年)9月20日

 北条義時の使いとして御所を訪れた大江広元に昇進について諫められる。

 リンクボタン昇進を重ねた源実朝


1216年(建保4年)11月24日

 宋へ渡航するため、陳和卿に唐船の建造を命ずる。

 翌年完成したが進水はできなかった。

リンクボタン宋に憧れた将軍〜源実朝の渡宋計画〜

リンクボタン源実朝が請来した仏舎利の伝説


1218年(建保6年)2月〜4月

 次期将軍に後鳥羽上皇の皇子を迎えるため北条政子が上洛。

リンクボタン北条政子の上洛と将軍継嗣問題


1219年(建保7年)1月27日

 鶴岡八幡宮で行われた右大臣拝賀式で甥の公暁に暗殺される(享年28)。

 遺体は勝長寿院に葬られた。


源実朝の暗殺

 実朝が暗殺された日は雪でした。
源実朝が暗殺された日


源実朝五輪塔
リンクボタン壽福寺五輪塔
源実朝公御首塚
リンクボタン源実朝公御首塚
(秦野市)


源実朝像
リンクボタン源実朝像
(秦野市:金剛寺)

 金剛寺は、実朝の御首(みしるし)を埋葬したことに始まると伝えられている。


金剛寺の五輪塔
リンクボタン実朝の木製五輪塔
(鎌倉国宝館)


京都大通寺
リンクボタン京都:大通寺

 大通寺は、1222年(貞応元年)、実朝の菩提を弔うために妻本覚尼(坊門信子)が創建した寺。

 信子は、実朝が暗殺されると、鎌倉の壽福寺で出家して京に戻ったのだという。


リンクボタン乳母制度が生んだ権力闘争〜頼朝・頼家・実朝の乳母〜

リンクボタン頼朝の子・孫:断絶した血筋

リンクボタン失敗だった?頼朝の鎌倉殿継承構想







〜甲斐善光寺の源実朝像〜

甲斐善光寺源実朝像
リンクボタン源実朝像

 甲斐善光寺「木造源実朝坐像」は、信濃善光寺にあったもので、実朝像としては国内最古の彫像。


「木造源頼朝坐像」も国内最古の彫像
源頼朝像と善光寺



〜実朝伝説〜

大銀杏
リンクボタン大銀杏
(鶴岡八幡宮)
鶴岡八幡宮のビャクシン
リンクボタンビャクシン
(鶴岡八幡宮)

円覚寺舎利殿
リンクボタン舎利殿
(円覚寺)
江島霊迹建寺の碑
リンクボタン江島霊迹建寺の碑
(江の島)

伊豆山神社
リンクボタン伊豆山神社
(熱海)

走り湯
リンクボタン走り湯
(熱海)
熱海:湯前神社
リンクボタン湯前神社
(熱海)


二所詣:伊豆山神社・箱根神社・三嶋大社



〜実朝を祀る社〜

白旗神社
リンクボタン白旗神社
(鶴岡八幡宮)

鶴岡八幡宮:実朝祭
リンクボタン実朝祭
(8月9日)
文墨祭:白旗神社
リンクボタン文墨祭
(10月28日)



献詠披講式
リンクボタン献詠披講式
(鶴岡八幡宮)



2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制







「源氏」「鎌倉」「頼朝」トップ



伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)

伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)


歴史めぐり源頼朝


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)