鎌倉手帳(寺社散策)

白 旗 神 社
〜鶴岡八幡宮〜

編集:yoritomo-japan.com







白旗神社


 白旗神社は、1200年(正治2年)、朝廷から「白旗大明神」の神号を賜り、源頼朝を祭神として北条政子が創建したのだと伝えられている(一説には源頼家の創建とも。)。

 もとは上宮の西側にあったが、1885年(明治18年)、源実朝を祀る柳営社と合祀され現在地に遷された。

 したがって、現在の祭神は、源頼朝源実朝

 例祭は、5月28日。

明治の神仏分離前までは、この場所には薬師堂があった。

柳営社は丸山稲荷社の社殿として移築されている。


白旗神社
武衛殿

 白旗神社は「武衛殿」と称され、掲げられている額は、幕末の島津藩の実質上の最高権力者島津久光の筆と伝えられている。


〜源頼朝の最初の官職と武衛〜

 「武衛」とは兵衛府の唐名で、「兵衛府」は天皇やその家族の近侍・護衛のための官庁。

 兵衛府には、左兵衛府と右兵衛府があった。

 『吾妻鏡』では、源頼朝が1190年(建久元年)11月に「権大納言・右近衛大将」に任ぜられるまで、頼朝のことを「武衛」と称しているが、頼朝の最初の官職が「右兵衛権佐」(うひょうえごんのすけ)だったため。

 1159年(平治元年)12月の平治の乱で初陣を果たした頼朝は、一時「従五位下・右兵衛権佐」に任じられた。

 平清盛に敗れたことにより、わずか15日で解官されるが、「権大納言・右近衛大将」に任じられるまでは「前右兵衛権佐」であったことから、御家人からは「佐殿」(すけどの)と呼ばれていた。 

 兵衛佐や兵衛権佐は公卿昇進コースの一つで、平清盛は左兵衛佐に任じられ出世コースを歩んだ。

 頼朝の伝説が残された佐助稲荷神社の「佐助」という名には、「佐殿を助けた」という意味があるという。


白旗神社
黒漆塗極彩色の社

 向拝の四本の角柱は、川口の鋳物師によって製作されたもの。

 埼玉県の川口市は、荒川を挟んで向こう側が東京都という立地で、かつては「鋳物の街」として栄えた。

 映画「キューポラのある街」でも取り上げられた歴史のある街。





〜白旗神社の石鳥居〜

白旗神社鳥居
石鳥居
鳥居の笠木
石鳥居の笠木

 源氏池の畔に置かれた「さざれ石」の背後に置かれているのは、白旗神社の石鳥居の笠木。

 さらに、大きな笠木も置かれているが、「大きさ」からして、関東大震災で崩壊した二の鳥居三の鳥居のものと考えられる。



〜神仏混淆の名残・・・〜

 白旗神社の手水舎の水盤には、蓮弁の彫刻がある。

 明治の神仏分離によって、鶴岡八幡宮内にある仏教関連施設は全て廃されたが、白旗神社の「手水舎」には、神仏混淆の「鶴岡八幡宮寺」であった頃の名残を見ることができる。

白旗神社手水
手水舎の水盤

 水盤は花崗岩で、江戸時代まで鶴岡八幡宮にあった輪蔵(経蔵)に使われていた礎石と考えられている。

神仏混淆の宗教施設



白旗神社歌碑
菅裸馬句碑

 白旗神社前にある句碑。

 「歌あ波れその人阿は連実朝忌」







〜源頼朝像と豊臣秀吉〜

 白旗神社には、源頼朝坐像が安置されていたといわれ、1590年(天正18年)7月、小田原城を落とした豊臣秀吉が奥州へ向かう途中で鶴岡八幡宮を詣でて、頼朝像を撫でながら天下を語ったという逸話が残されている。

 現在、東京国立博物館に収蔵されている頼朝像が、この像であるといわれている。

源頼朝
伝源頼朝坐像

 秀吉は、頼朝像を見ると近くに寄っていき、「微小な身の育ちでありながら天下をとったのは、御身と吾だけである。しかし、御身の先祖は関東で威をはり、挙兵すれば多くの兵が従い天下をとるのも容易であったろうが、吾は名もない卑属から天下をとったのだから、吾の方が出世頭である」といったそうである。

 そして、「御身と吾は天下友達である」といって像の背中を叩いたという逸話が残されている。



白旗神社例祭
リンクボタン例祭
(5月28日)

鶴岡八幡宮:実朝祭
リンクボタン実朝祭
(ぼんぼり祭)
文墨祭:白旗神社
リンクボタン文墨祭
(10月28日)







西御門白旗神社
リンクボタン西御門の白旗神社

 白旗神社の名は、源氏の白旗にちなむもので、全国に70社ほどあるといわれている。

 明治の神仏分離によって創建された西御門法華堂跡白旗神社の祭神は源頼朝

 全国的にも源頼朝を祭神とする社が多い中で、藤沢市の白旗神社は、源頼朝の弟源義経を祀っている。

 また、三浦市初声の白旗神社は、源頼朝に仕えた御家人和田義盛を祀っている。

藤沢白旗神社
リンクボタン藤沢の白旗神社
和田の里白旗神社
リンクボタン三浦の白旗神社





源頼朝をめぐる鎌倉
(源頼朝ゆかりの神社・仏閣・史跡など)

歴史めぐり源頼朝
(誕生から最期までの歴史)



鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


八雲神社例大祭 建長寺開山忌
観蓮会 ぼんぼり祭
江の島灯籠 龍の口竹灯籠
四万六千日 黒地蔵縁日