鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



鶴岡八幡宮の模型
〜鶴岡文庫〜


編集:yoritomo-japan.com







鶴岡八幡宮模型


  1591年(天正19年)に豊臣秀吉が作成させた「鶴岡八幡宮修営目論見絵図」(修理の設計図)をもとに作られた模型(鶴岡文庫に展示)。 

現在は写真撮影不可かもしれません。


鶴岡八幡宮修営目論見絵図
鶴岡八幡宮修営目論見絵図

 豊臣秀吉が描かせた絵図。

 1591年(天正19年)5月14日、 秀吉の奉行、増田長盛、山中長俊、片桐直倫が作成した。

 この絵図に描かれている配置は、 北条氏綱の天文再興時の鶴岡八幡宮の配置だったと考えられ、鎌倉期の鶴岡八幡宮の様子が窺うことができる貴重な資料。

 絵図に基づく修理を命じられたのは徳川家康。






鶴岡八幡宮模型

鶴岡八幡宮模型

鶴岡八幡宮模型

 流鏑馬馬場まで回廊で囲まれていた。

鶴岡八幡宮模型

 下宮の東側には、経蔵、千体堂、御本地堂、鐘楼が配置され、西側には、五大堂、北斗堂が配置されている。



〜小田原征伐後に参詣した豊臣秀吉〜

 1590年(天正18年)7月5日、小田原城を開城させた豊臣秀吉は、奥州平定へ向かう途中の7月17日、鎌倉に立ち寄り、鶴岡八幡宮を詣でたのだという。

 その折、白旗神社に安置されていた源頼朝像に天下を語ったという逸話が残されている。


〜徳川家康により復興された供僧坊〜

 源頼朝によって設けられた供僧二十五坊は、室町時代には七院にまで減少していたが、徳川家康の修理で五院が復興されて十二院となっている。







神仏混淆の宗教施設

歴史めぐり源頼朝



鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時