鎌倉手帳(寺社散策)

神仏混淆の宗教施設
〜鶴岡八幡宮〜


編集:yoritomo-japan.com







仏教伽藍が建つ鶴岡八幡宮
仁王門があった頃の参道

 鶴岡八幡宮は、明治維新を迎えるまでは神仏混淆の宗教施設で「鶴岡八幡宮寺」と呼ばれていた。

 境内には、薬師堂、鐘楼などの仏教施設があったが、明治の神仏分離によって仏教施設は悉く廃除されてしまう。

 大門とも呼ばれていた仁王門もその一つで、「鶴岡山」という額が掲げられてあったという。

 幸いにして、安置されていた仁王像だけはその難を免れ、現在、壽福寺に安置されている。

 扇ヶ谷の浄光明寺には、神仏分離以前まで代々神主を勤めた大伴家の墓地が残されている。


壽福寺仏殿
リンクボタン壽福寺仏殿
浄光明寺大伴家墓所
リンクボタン大伴家墓所


二十五坊跡
鎌倉観光二十五坊跡

 裏山には、鶴岡八幡宮寺供僧の住坊である二十五坊と別当坊(長官の宿舎)があった。







〜鶴岡八幡宮にあった仏像〜

薬師如来
リンクボタン銅造薬師如来像

 神宮寺の本尊だったという銅造薬師如来像鎌倉国宝館に寄託)。


弘法大師像
リンクボタン弘法大師像
伝源頼朝坐像
リンクボタン伝源頼朝坐像

 青蓮寺の弘法大師像(鎖大師)は、二十五坊の一つ等覚院の本尊だった。

 東京国立博物館に所蔵されている源頼朝像は、旧白旗神社の御神体だったといわれている。


如意輪観音
リンクボタン如意輪観音

 来迎寺(西御門)の如意輪観音は、法華堂(現白旗神社(西御門))に安置されていたもの


地蔵菩薩立像
リンクボタン地蔵菩薩立像
新開院薬師三尊像
リンクボタン薬師三尊像

 瑞泉寺の地蔵菩薩立像(どこも苦地蔵)は、扇ヶ谷の智岸寺に置かれていたもので、智岸寺廃絶後、二十五坊の一つ正覚院に安置されていた。

 あきる野市の新開院薬師堂に安置されているのは、鶴岡八幡宮寺の薬師堂に置かれていた薬師三尊像。


浅草寺宝蔵門
リンクボタン浅草寺宝蔵門
浅草寺本堂
リンクボタン浅草寺二天門

 浅草の浅草寺宝蔵門には、北条政子が鶴岡八幡宮寺に奉納したという「元版一切経」が収められている。

 かつて、浅草寺二天門に安置されていたのは、鶴岡八幡宮寺の経蔵にあった二天だった。 


日金地蔵
リンクボタン地蔵菩薩像
鉄観音
リンクボタン鉄観音

 横須賀市の東漸寺に安置されている地蔵菩薩像は、源頼朝が信仰した伊豆日金山の日金地蔵尊を模して作られた仏像。
 鶴岡八幡宮寺の僧の荼毘所だったといわれている松源寺にあったもの。

 東京人形町の大観音寺に安置されている鉄観音は、扇ヶ谷にあった新清水寺の本尊だったもので、鉄ノ井から頭だけが掘り出され、神仏分離までは鉄ノ井の前にあった鉄観音堂に安置されていた。







鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分


浅草寺と鶴岡八幡宮


鶴岡八幡宮の別当
 鶴岡八幡宮の長官は僧侶で「別当」と呼ばれ、神職よりも上の地位にあった。



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


御鎮座記念祭:御神楽 納めの観音・歳の市
鎌倉の紅葉 湘南の宝石
大祓式 除夜の鐘
鎌倉初詣特集 鎌倉新年イベント