鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



大伴神主家の墓所
〜鎌倉:浄光明寺〜


編集:yoritomo-japan.com







浄光明寺大伴家の墓


 浄光明寺阿弥陀堂の裏には、代々鶴岡八幡宮の神主を務めた大伴家の墓塔が並べられている。

 大伴家は、大伴忠国(清元)が鎌倉幕府から神主に任ぜられて以来、25代にわたって神主を務めてきたが、明治の神仏分離によって神主の職を離れた。

 浄光明寺に墓所が営まれるようになったのは文明年間(1469−1486)以降。


浄光明寺大伴家の墓

 中には、笏型の墓塔に鳥居の浮き彫りが施されたものもあり、神道特有の墓として貴重なもの。



〜神仏分離後の鶴岡八幡宮〜

筥崎博尹の墓
リンクボタン筥崎博尹の墓
(寿福寺)
二十五坊跡
鎌倉観光二十五坊跡
(鶴岡八幡宮)

 1868年(慶應4年)3月、明治新政府が神仏分離令を発布すると、鶴岡八幡宮の供僧は復飾(還俗)して、神主の大伴氏に対して総神主を称するようになる。

 これにより鶴岡八幡宮の供僧坊はすべて廃絶。

 神仏混淆から神道のみの宗教施設となった鶴岡八幡宮には「僧尼不浄の輩入る可からず」の高札が掲げられ、復飾した供僧が進んで境内の諸堂塔、仏像什器などの仏教に関するもの一切を破棄したのだという。

 筥崎博尹は千南坊(正覚院)の供僧で、神仏分離後に鶴岡八幡宮の総神主となり、1882年(明治15年)には初代の宮司に就任している。


武家の古都・鎌倉






浄光明寺
リンクボタン浄光明寺

 浄光明寺は、1251年(建長3年)、北条長時(のちの六代執権)によって再興された真言宗の寺。
 足利尊氏直義兄弟にゆかりのある寺でもある。


鎌倉市扇ガ谷2−12−1
0467(22)1359

鎌倉駅西口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時