奈良・京都

平家終焉の地
〜宗盛塚〜


編集:yoritomo-japan.com







宗盛塚
宗盛塚

 1185年(元暦2年)3月24日、壇ノ浦源義経に敗れて滅亡した平家。

 一門の多くは入水して最期を遂げたが、総大将の平宗盛と子の清宗は捕らえられ、5月16日、鎌倉へ送られた。

 そして、6月9日、京へ送還されるため鎌倉を発つが、6月21日、近江国篠原宿で宗盛が、野路口で清宗が斬首されている。

 宗盛父子を護送したのは源義経

 義経は、自らが元服した鏡の宿を血で穢すのを避けて、その先の篠原宿で宗盛を、野路口で清宗を処刑したのだと伝えられている。

 宗盛の処刑を担当したのは平知盛に仕えていた橘公長、清宗の処刑を担当したのは義経の郎党堀景光だった。


 源義経は、宗盛父子を護送して鎌倉へ凱旋しようとしたが、源頼朝は義経が鎌倉に入ることは許さなかった。

 参考:リンクボタン義経の腰越状



〜一ノ谷で捕えられた平重衡〜

 宗盛が鎌倉を発った同じ日、一ノ谷で捕えられ鎌倉へ送られていた平重衡も鎌倉を発っている。

 重衡を護送したのは源頼政の次男頼兼。

 重衡は、6月22日、東大寺の衆徒に引き渡され、翌23日、泉大津で斬首されている。

 リンクボタン平重衡と平宗盛


一の谷の戦い
リンクボタン一ノ谷の戦い
平重衡とらわれの松跡
リンクボタン平重衡
とらわれの松跡

屋島の戦い
リンクボタン屋島の戦い
壇ノ浦の戦い
リンクボタン壇ノ浦の戦い



〜鎌倉に残された平家の赤旗〜

補陀洛寺・平家の赤旗
リンクボタン平家の赤旗
(鎌倉:補陀洛寺)

 平清盛が書いたという「九万八千軍神」の文字がある平家の赤旗。

 宗盛が所持していたものと伝えられている。



源義経
リンクボタン源義経


源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝

源平合戦







鏡の宿
リンクボタン鏡の宿
(源義経元服の地)

滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡1289

JR琵琶湖線「篠原駅」下車徒歩

JR琵琶湖線 「近江八幡駅」からバス「鏡口」下車

JR琵琶湖線 「野洲駅」 からバス「道の駅竜王かがみの里」下車



鏡の宿MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり