中世歴史めぐり

鎌倉検定 夏だ!休みだ!鎌倉だ!



大山寺の倶利伽羅堂
(伊勢原市)

編集:yoritomo-japan.com








大山寺倶利伽羅堂


 源実朝『金槐和歌集』に載せられた「時によりすぐれば民の嘆きなり八大龍王雨やめたまへ」 。

 この歌の前書きには、 建暦元年7月、洪水が頻繁に起こり、民が嘆き悲しんでいることを思って、ひとり本尊に向かって祈念したとある。

 斉藤茂吉の「金槐集私鈔」によると・・・

 実朝が祈念したのは大山の阿夫利神社

 かつて阿夫利神社には八大龍王社があって、現在、大山寺にある倶利伽羅堂(龍神堂)がそれといわれている。

 もとは二重滝の傍にあったが、明治の神仏分離により現在地に移転された。



大山阿夫利神社
リンクボタン阿夫利神社

 大山は「あめふり山」とも呼ばれ、古来より雨乞いの対象。

 阿夫利神社は、山野の幸をつかさどる水の神・山の神として信仰されてきた。


金槐和歌集








歴史めぐり源頼朝




大山寺
リンクボタン大山寺

 大山寺は、755年(天平勝宝7年)、東大寺を開いた良弁によって開かれた。
 源頼朝も崇敬し、鎌倉胡桃ヶ谷大楽寺の願行は、江ノ島に参籠して「鉄造不動明王」と「こんから童子」、「せいたか童子」を鋳造した。


神奈川県伊勢原市大山724
0463−95−2011

小田急線伊勢原駅よりバス→大山ケーブル駅バス停→徒歩15分→大山ケーブル駅→大山寺駅→へ徒歩5分


リンクボタン源頼朝ゆかりの大山寺・日向薬師・飯山観音を巡る








中世歴史めぐり


大山寺 日向薬師
大山の紅葉 日向の彼岸花



鎌倉検定 夏だ!休みだ!鎌倉だ!


紫式部 紫式部年表


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮