鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

夏だ!休みだ!鎌倉だ!



源実朝と鴨長明

編集:yoritomo-japan.com








 「君が代も我が代も尽きじ石川や瀬見の小川の絶えじとおもへば」

  源実朝が詠んだこの歌は、鴨長明

 「石川や瀬見の小川の清ければ月も流れも尋ねてぞすむ」

 を本歌としたもの。



下鴨神社・瀬見の小川
リンクボタン瀬見の小川


 「瀬見の小川」は、下鴨神社が鎮座する糺の森を流れる川。

 『吾妻鏡』によると、1211年(建暦元年)10月、鴨長明は飛鳥井雅経の推挙によって鎌倉に下向し、源実朝と何度か面会している。

 この時、実朝は長明から「瀬見の小川」を詠んだ歌について聞いたのかもしれない。



〜長明の鎌倉下向は建暦2年という説と実朝の「祝の歌」〜

 長明が鎌倉に下向したのは、翌建暦2年のことだとする説がある。

 実朝が詠んだ「君が代も我が代も尽きじ石川や瀬見の小川の絶えじとおもへば」は、『金槐和歌集』に「祝の歌」として載せられているもの。

 「院」とは後鳥羽上皇のこと。

 建暦2年は、後鳥羽上皇の子順徳天皇の大嘗会が行われた年。

 この歌は、長明から大嘗会のことを聞いた実朝が「祝の歌」として詠んだという説も・・・


金槐和歌集
リンクボタン金槐和歌集








〜長明が頼朝の法華堂で詠んだ歌〜

源頼朝墓
リンクボタン源頼朝墓
(法華堂跡)

 『吾妻鏡』によると・・・

 鎌倉に下向した鴨長明は、源頼朝の命日に法華堂を参拝し、経を唱え、昔を思い出して涙し、一首の和歌を法華堂の柱に書き残したのだいう。

 『北条九代記』によると・・・

 「頼朝の武勇の威力は天下にあまねく輝き渡り、

 勢いある武力で国内を平定し、

 代々と続いた源家の大運がここに開け、

 なびかぬ草木もなかったのに、

 無常の悪鬼の襲い来るのを防ぐすべもなく、

 53歳の生涯はたちまちに終わり着いて、

 青草の生える一個の塚に葬られ、

 墨書きの施された数尺の卒塔婆ばかりが、

 その光栄ある頼朝の名を伝えるしるしとして残っている」

  と、昔を懐かしんで涙を流しながら、一首の和歌を法華堂の柱に書きつけたのだという。


 その歌は、

  「草も木もなびきし秋の霜消えて空しき苔をはらう山風」

(人はもとより草も木もなびいていた秋の霜(頼朝)が消え去って、塚に生えたむなしい苔を山風が吹きはらっているばかりである)





源頼朝墓
リンクボタン鴨長明の方丈
(下鴨神社摂社河合神社)


 鴨長明は、下鴨神社の禰宜・鴨長継の次男。

 摂社河合神社の禰宜職をめぐる争いに敗れて遁世。

 1212年(建暦2年)に成立したという『方丈記』は、「栖」(すみか)とした方丈の中から世間を観察して、世の無常と人生のはかなさを著したのだという。


下鴨神社楼門
リンクボタン下鴨神社
河合神社
リンクボタン河合神社







源実朝像
リンクボタン源実朝


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


夏だ!休みだ!鎌倉だ!