鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態!外出自粛!我慢!

金 剛 寺
〜源実朝の伝説〜
(秦野市)

編集:yoritomo-japan.com







秦野金剛寺


 金剛寺は、1219年(建保7年)、鶴岡八幡宮で暗殺された源実朝の御首(みしるし)を武常晴(つねはる)が埋葬したことに始まると伝えられている。

 実朝の供養には、退耕行勇(たいこうぎょうゆう)が招かれ、供養は木造の五輪塔を建てて行われた。

 金剛寺は、実朝の法号金剛寺殿にちなむもの。

 1250年(建長2年)に、波多野忠綱が実朝の三十三回忌に金剛寺を再興し、木造の五輪塔から石造に替えたと伝えられている。

 本堂には、実朝像が安置され、本尊の阿弥陀如来は実朝の念持仏とされる。

 臨済宗建長寺派。





金剛寺阿弥陀三尊
阿弥陀三尊

源実朝像
源実朝像


源実朝首塚
リンクボタン源実朝公御首塚
波多野城址の碑
リンクボタン波多野城址


金剛寺の五輪塔
リンクボタン実朝の木製五輪塔
(鎌倉国宝館)







秦野金剛寺
金剛寺

神奈川県秦野市東田原1116

【秦23】
くず葉台経由藤棚行き
【秦26】
くず葉台経由神奈川病院循環秦野駅行き
「中庭」下車すぐ



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時