鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



源実朝の首と七騎谷の伝説
〜鎌倉:龍宝寺〜

編集:yoritomo-japan.com








 1219年(承久元年)1月27日、鶴岡八幡宮で甥の公暁に暗殺された三代将軍源実朝

 『吾妻鏡』によると、実朝の首を持った公暁は、鶴岡八幡宮の裏山を越えて三浦義村邸に向かったが、義村に差し向けられた長尾定景によって討たれた。

 ただ、実朝の首は行方不明に。

 実朝は勝長寿院に埋葬されるが、首がないため、代わりに髪の毛が納められたのだという。





〜七騎谷の伝説〜

 龍寳寺のある谷は「七騎谷」と呼ばれ、かつては深い谷で人が入ることは希であったのだという。

 伝説によると・・・

 公暁が持っていた実朝の首は、七騎の武士が持ち去り、追手から逃れるため、この谷に隠れていたのだという。

 そのため「七騎谷」と呼ばれるようになったのだとか・・・





源実朝の首塚
リンクボタン源実朝の首塚
(秦野市)

 長尾定景とともに公暁の追討を命ぜられた武常晴は、実朝の首を拾い波多野の地に葬ったのだという。

 そこが秦野市にある首塚

 七騎谷の伝説と繋がりがあるのかは不明だが、武常晴は当時三浦氏と仲の悪かった波多野氏を頼り埋葬したのだと伝えられている。



(参考)
リンクボタン和田合戦の先陣を言い争った波多野忠綱と三浦義村








龍寳寺
リンクボタン龍宝寺

 龍宝寺は、玉縄北条氏三代の菩提寺。
 境内には北条綱成、氏繁、氏勝の墓が残されている。


鎌倉市植木129
0467(46)2807

大船駅西口より徒歩20分



鎌倉:寺社・史跡巡り
〜岡本・玉縄・植木〜

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編