鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



三 浦 義 村

編集:yoritomo-japan.com







三浦義村の墓
リンクボタン三浦義村墓
(三浦市)


 三浦義村(みうらよしむら)は、三浦氏の当主義澄の嫡男。

 母は伊東祐親の娘。

 平家追討奥州征伐に父とともに出陣して活躍した。

 1199年(正治元年)の梶原景時の変では、景時に讒言された結城朝光から相談を受け、景時追放の中心的役割を果たした。

 1205年(元久2年)の畠山重忠の乱では、北条時政の命により重忠の嫡男重保を討ち取り、乱後、無実の重忠を陥れた稲毛重成一族を誅殺した。

 1213年(建暦3年)の和田合戦では、一族の和田義盛に起請文まで書いて味方することを約束していたというが、直前になって義盛を裏切り、その挙兵を北条義時に告げて、和田一族を滅亡に追い込んだ。

 1219年(建保7年)1月27日、鶴岡八幡宮で三代将軍源実朝が甥の公暁に暗殺されるという事件が起こると、北条義時の命により公暁を討伐。

 実朝暗殺については、義村黒幕説がある。

 1221年(承久3年)の承久の乱では、弟の胤義から「勅命にしたがって義時を追討するように」という手紙を受け取ったが、その手紙を義時に提出し、弟の反逆には同心しないことを伝えている。

 その後、北条時房北条泰時らとともに東海道の大将軍の一人として上洛。

 胤義は東寺の門中に籠って幕府軍と戦ったが、西山の木嶋で自刃した。

 1224年(貞応3年)6月13日、北条義時が死去。

 伊賀光宗と義時の後妻伊賀の方(光宗の妹)が、政村(義時の五男、母は伊賀の方)を執権にし、娘婿の一条実雅を将軍に据えようという企てに義村も加担したが、北条政子に説得されて考え直したのだという。

 1225年(嘉禄元年)、北条泰時が設置した評定衆に就任。

 1239年(延応元年)12月5日、死去。







〜娘は北条泰時の正室だった〜

 『吾妻鏡』によると・・・

 1194年(建久5年)、北条泰時の元服式で三浦義澄は孫娘を泰時の嫁とすることを約束。

 1202年(建仁2年)に泰時は義村の娘と結婚するが、長男時氏が生まれた後に離婚している。

 理由は不明。

リンクボタン北条泰時の元服式と正妻の矢部禅尼



〜友を食らう三浦義村〜

 『吾妻鏡』によると・・・

 1213年(建暦3年)5月2日、北条義時打倒の挙兵をした和田義盛

 当初、義盛は武蔵横山党の援軍を待って5月3日に挙兵する予定だった。

 当初の計画を変更した理由は、義村の裏切によって、和田軍の計画が事前に義時に洩れたからと考えるのが妥当なのかもしれない。

 『古今著聞集』には、ある正月元旦の将軍御所で、義村の上席に千葉胤綱が着席した折、 義村が「下総の犬めは寝場所を知らぬな」 とつぶやくと、 胤綱は「三浦の犬は友を食らうぞ」 とつぶやいたという話が載せられ、義村の裏切りを批判したものとして知られている。


〜義盛を裏切った理由〜

 『吾妻鏡』によると・・・

 先祖の三浦為継は、源義家に従って奥州の清原武衡・家衡を征伐して以降、源氏からの恩恵を受けてきた。

 だから、一族の義盛の勧めによって、先祖代々の主君に対して反乱を起こせば天罰が下ると考え、義盛へ味方することをやめたのだとか・・・


和田合戦



〜義村に殺された公暁〜

 公暁は、二代将軍源頼家の次男。

 1219年(建保7年)正月27日、鶴岡八幡宮では、三代将軍源実朝の右大臣拝賀式が行われた。

 式を終えた実朝が石段の上にさしかかると、突然公暁が襲いかかり、実朝を殺害。

 実朝の首を取った公暁は、後見人の備中阿闍梨の雪ノ下北谷の家に行き、食事の間も実朝の首を放さなかったという。

 そして、乳母子弥源太を三浦義村邸に遣わし、

 「今、将軍の席が空いた。

 次は自分が将軍となる順番だから、 早く方策を考えよ」

 と指示。

 しかし、義村は、すぐに屋敷に来るよう伝える一方で、北条義時に連絡をとり、義時から公暁を討つように命ぜられている。

 そうとも知らずに山越えをして義村邸に向かった公暁は、義村に遣わされた長尾定景に討ち取られ、首は北条義時邸に運ばれた。

 公暁がどこに葬られたのかは不明。


公暁悲劇の道
リンクボタン公暁悲劇の道


源実朝の暗殺

源実朝が暗殺された日



〜義村の弟胤義〜

 義村の弟胤義は、承久の乱の首謀者の一人。

 北条泰時が宇治川を渡河し、北条時房瀬田橋を突破して、朝廷軍を敗走させると、胤義は東寺の門中に籠って、同族の三浦・佐原の軍勢と戦った後、西山の木嶋(太秦)で自刃。

 首は胤義の家来が太秦の自邸へ持って向かったが、兄の義村が捜し出して手に入れ、六波羅の泰時邸に送ったのだとか・・

 リンクボタン三浦義村の弟・胤義


東寺
リンクボタン東寺

 中世の東寺は城郭化され、現在でも南大門北大門の外側には堀の一部が残されている。


承久の乱



〜伊賀氏の変と義村〜

 伊賀氏の変は、二代執権北条義時の死後、伊賀光宗と義時の後妻伊賀の方が、伊賀の方の子政村を執権に、娘婿の一条実雅を将軍にしようと企てたとされている事件。

 政村の烏帽子親だった義村も加担していたが、北条政子に諫められたのだという。


伊賀氏の変


リンクボタン北条泰時の執権就任と伊賀氏の変と三浦義村



近殿神社
リンクボタン近殿神社
(横須賀市)

 近殿神社は、義村を祭神とする社。


三浦義村の墓
リンクボタン三浦義村墓
(三浦市)


相模の武将 三浦一族







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時