鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

結 城 朝 光

編集:yoritomo-japan.com







 結城朝光は、 1168年(仁安3年)、下野国小山荘を本拠とした小山政光の子として誕生。

 母は源頼朝の乳母を務めた寒河尼

 1180年(治承4年)10月2日、武蔵国隅田宿で頼朝を烏帽子親として元服し、小山七郎宗朝と名付けられた(のちに朝光と改名)。

 1181年(治承5年)4月7日、頼朝の寝所警護11名のうちの人に加えられる。

 1183年(寿永2年)2月28日、志田義広の反乱(野木宮合戦)を鎮めた恩賞として下総国結城郡の地頭職に任命される。

 1189年(文治5年)の奥州征伐では陸奥白河荘を得た。

 頼朝亡き後の1199年(正治元年)10月25日、「忠臣は二君に仕えず・・・」と発言したことで、梶原景時の讒言にあって窮地に立つが、三浦義村に相談して景時を失脚させた(梶原景時の変)。

 1221年(承久3年)の承久の乱では、 武田信光小笠原長清小山朝長とともに東山道の大将軍として出陣。

 1235年(文暦2年)5月、評定衆に加えられるが、同年閏6月3日には辞している。

 1254年(建長6年)2月24日死去(87歳)。


称名寺:結城朝光の墓
リンクボタン結城朝光の墓
(結城市:称名寺)





〜野木宮合戦の恩賞〜

 野木宮合戦の恩賞として下総国結城郡を得た朝光だが、朝光自身は戦に出ていない。

 当時、朝光は15歳。

 『吾妻鏡』によると・・・

 1183年(寿永2年)2月27日、頼朝は志田義広が蜂起してから続けていた鶴岡八幡宮を参拝。

 朝光は太刀持ち役として供奉。

 頼朝が志田義広の裏切りはどうなったか心配していると、朝光は「すでに小山朝政(朝光の兄)に滅ばされているでしょう」と申し上げた。

 頼朝は「この若者の言葉は、思いつきでいて言ったことではなく神のお告げに相違ない」として、朝光が言うとおりとなったら恩賞を与える約束をしたのだという。

 同日、志田義広の逃亡が知らされると、2月28日には、常陸・下野・上野で志田義広に味方した者の所領が没収され、朝光は恩賞に預かった。


野木神社
リンクボタン野木神社
(栃木県下都賀郡野木町)



〜東大寺の僧兵に称賛された朝光〜

 『吾妻鏡』によると・・・

 1195年(建久6年)3月12日、源頼朝東大寺大仏殿落慶供養に参列した際の事。

 僧兵と警固の武士との間で紛争が起こった。

 梶原景時がそれを鎮めようとするが、その態度が傲慢無礼だとして一触即発の事態となってしまう。

 頼朝は結城朝光に命じて事態を収拾させたが、僧兵達は朝光の態度に感心し「容貌美好、口弁分明」と称賛したのだという。

 リンクボタン東大寺の僧兵に称賛された結城朝光



〜頼朝の御落胤説〜

 源頼朝から「朝」の字を与えられるほどに可愛がられた結城朝光。

 一説によると・・・

 頼朝が伊豆国蛭ヶ小島に流されていたときに寒河尼が懐妊(寒河尼の娘とも)。

 平家の追討を案じた頼朝は小山で出産させ、小山政光の四男として育てさせたのだという。

 信憑性はないが、結城氏は伝統的に源氏を称し、代々の当主は「朝」を通字(とおりじ)として用いている。







墨田川沿いの源頼朝伝説

源頼朝鎌倉入り


歴史めぐり源頼朝




小山政光・結城朝光
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時