鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



源頼朝の乳母
寒 河 尼


編集:yoritomo-japan.com







小山政光・寒川尼像
リンクボタン小山政光・寒川尼像
(小山市)


 源頼朝の乳母を務めた寒河尼は、下野国宇都宮氏の二代当主・宇都宮宗綱(八田宗綱)の娘。

 下野国小山荘の小山政光の後妻。

 子に結城朝光がいる。

 頼朝に仕えた八田知家は兄弟。


寒河尼系図



〜頼朝を訪ねた寒河尼〜

 『吾妻鏡』によると、

 1180年(治承4年)10月2日、石橋山で敗北後、安房国で再起し、鎌倉を目指して隅田川を渡った源頼朝

 布陣した武蔵国隅田宿に、寒河尼が14歳の末子を連れてやってきた。

 頼朝は、すぐに御前に呼んで懐かしい話などをし、寒河尼が子を側近として奉公させたいと願うと、頼朝は烏帽子親となって元服させたのだという。

 付けられた名は小山七郎宗朝(のちの結城朝光)。


墨田川沿いの源頼朝伝説



〜頼朝の挙兵時、小山政光は?〜

 寒河尼の夫小山政光は、下野国の有力武将。

 源頼朝挙兵したときは大番役で京都にいた。

 寒河尼の行動で、小山氏は頼朝に従うこととなり、政光も頼朝の御家人として働くこととなる。



〜寒河尼に地頭職〜

 『吾妻鏡』によると、 1187年(文治3年)12月1日、頼朝は、大功を立てた寒河尼に、下野国の寒河郡の地頭職と網戸郷の地頭職を与えている。

 ※寒河尼の大功とは、挙兵時に小山氏を頼朝の味方につけた事かと・・・


 リンクボタン野木宮合戦で活躍した小山氏


寒川尼の墓
リンクボタン寒川尼の墓
(小山市)

 1228年(安貞2年)2月4日没(91歳)。







源頼朝の挙兵

源頼朝配流地

歴史めぐり源頼朝






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時