鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

鎌倉御家人:宇都宮氏

編集:yoritomo-japan.com









初代:藤原宗円

 近江国の石山寺の座主だったという藤原宗円。

 前九年の役での源頼義の苦戦が伝えられると、奥州まで不動明王座像を携えて戦勝を祈願し、戦を勝利に導いたのだと伝えられ、その功により宇都宮の地を与えられたのだという。

 宇都宮氏は、藤原宗円が下野国一ノ宮の二荒山神社の別当となり、孫の朝綱が宇都宮氏を名乗ったことに始まる。


多気山不動尊
リンクボタン多気山不動尊
(宇都宮市)

 宗円が奥州まで携えていった不動明王像は、源頼光の願いにより、円覚(多田満仲の子)が吉野山中に籠って彫り上げたとされるもので、多気山不動尊の本尊となっている。


宇都宮二荒山神社
リンクボタン二荒山神社
(宇都宮市)

 二荒山神社は、仁徳天皇の時代に創建された古社で、源頼朝も崇敬した社。





二代:八田宗綱

 宗綱の母は、宗綱を懐妊中に夫の藤原兼仲が没したため、夫の兄弟の藤原宗円の妻となって宗綱を産んだ。

 宗綱は常陸国八田を政治基盤としていたといわれる。

 娘の寒河尼源頼朝の乳母を務め、四男の知家は二代将軍源頼家の時代に採用された十三人の合議制の一人となった。





三代:宇都宮朝綱

 1180年(治承4年)の源頼朝挙兵時には京都にあったため、平清盛に強制的に留められていたが、1184年(元暦元年)5月24日、密かに京都を抜け出し頼朝のもとに参上。

 頼朝から社務職と本領を安堵され、加えて伊賀国壬生野郷の地頭職を拝領した。

 1189年(文治5年)の奥州征伐で、頼朝は朝綱が社務職を務める宇都宮社(二荒山神社)で戦勝を祈願している。

 1192年(建久3年)、子の業綱が亡くなると出家。

 1194(建久5年)5月20日、祖父朝綱が公田を掠め取ったとして訴えられ、7月28日には、朝綱が土佐国、孫の頼綱と朝業もそれぞれ豊後国・周防国へ流罪と決定される。

 ただし、頼朝の意向で配流地には赴かなかったともいわれる・・・

 1204年(元久元年)8月6日没。


宇津宮辻子幕府跡
リンクボタン宇都宮稲荷神社
(鎌倉)

 宇都宮稲荷神社は、鎌倉の朝綱の居館に勧請された社。





四代:宇都宮業綱

 成綱と呼ばれることも。

 子の朝業は塩谷朝義の娘婿となって塩谷氏を継ぎ、嫡男の頼綱は小山政光の猶子となっている。

 1192年(建久3年)2月24日、父の朝綱より先に亡くなった。





五代:宇都宮頼綱

 小山政光の猶子。

 1194(建久5年)5月20日、祖父朝綱が公田を掠め取ったとして訴えられ、7月28日には、祖父の朝綱が土佐国、頼綱が豊後国、弟の朝業が周防国へ流罪と決定される。

 ただし、頼朝の意向で配流地には赴かなかったとも・・・

 1205年(元久2年)閏7月、姑の牧の方(北条時政の後妻)が三代将軍源実朝を廃して娘婿の平賀朝雅を将軍にしようとする企てが発覚(牧の方の陰謀)。

 翌8月7日には頼綱謀反の報が鎌倉に届いた。

 北条政子邸に集まった北条義時大江広元安達景盛らは、小山朝政を召して頼綱を追討するよう命じたが、朝政は頼綱と義兄弟である事を理由に断っている。

 8月11日、頼綱が書いた弁明書に朝政が一筆添えて北条義時に提出。

 8月17日、出家して蓮生と名乗った頼綱は、反逆の心がないことを伝えるため宇都宮を発ち、8月19日、義時邸を訪問したが対面はできず、結城朝光を通して髻を届けている。

 その後罪を問われなかった頼綱は、熊谷直実の勧めで法然に帰依。

  法然没後は弟子の証空に師事したが、1241年(建保2年)5月7日、幕府は前月比叡山の衆徒に焼かれた園城寺を復興するため、18人の再建担当者を決定し、頼綱はその一人として山王社の本殿と拝殿の再建を命じられている。

 1221年(承久3年)の承久の乱では、北条義時大江広元三善善信・二階堂行村・八田知家小山朝政らの長老とともに上洛せず鎌倉に居残った。

 その後も幕府に仕え、宇都宮氏の政治的基盤を築いた。

 1259年(正元元年)11月12日、京都で死去。


清巌寺
清巌寺
(宇都宮市)

 清巌寺は、頼綱が建てた念仏堂を起源とする寺院。

 実信房蓮生法師と刻まれた墓碑がある。


宇都宮二荒山神社
リンクボタン二荒山神社
(宇都宮市)

 歌人としても知られる頼綱。

 藤原定家と親交をもっていた関係で、1229年(寛喜元年)、二荒山神社に神宮寺が建てられたときには、藤原定家と藤原家隆が襖を飾る障子歌を贈ったのだという。


光明寺石棺
リンクボタン法然の石棺
(京都:光明寺)

 1227年(嘉禄3年)、比叡山の僧兵による浄土宗への弾圧から法然の遺骸を守るため、東山の法然廟所知恩院)から嵯峨の二尊院へ遺骨が移された際、頼綱(蓮生)は弟たちや六波羅の武士とともに護衛にあたっている。

 翌年、遺骨は粟生野の光明寺に遷されている。


百人一首
リンクボタン頼綱と小倉百人一首

 1235年(嘉禎元年)、藤原定家が頼綱に贈った色紙が『小倉百人一首』の原型なのだという。







〜東大寺の再興と源頼朝〜

 『吾妻鏡』によれば、平重衡の焼討によって焼失した東大寺の再興に助力していた源頼朝は、1194年(建久5年)、大仏殿内の二菩薩と四天王の造像を御家人の負担としている。

 観音菩薩像・宇都宮朝綱、虚空蔵菩薩像・中原親能、増長天像・畠山重忠、持国天像・武田信光、多聞天像・小笠原長清、広目天像・梶原景時


東大寺大仏殿
リンクボタン東大寺大仏殿


南都焼討と東大寺の再興 〜重源と源頼朝〜



〜宇都宮氏に保護された大谷観音〜

 宇都宮の石の里にある大谷寺は、弘法大師作と伝わる日本最古の石仏を本尊すり寺。


大谷寺
リンクボタン大谷寺







歴史めぐり源頼朝




宇都宮氏
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時