奈良・京都

新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

吉 野 山

編集:yoritomo-japan.com







吉野山


 吉野山・・・

 源頼朝に追われた源義経が身を隠し、愛妾の静御前と別れた場所。

 鎌倉幕府討幕運動(元弘の変)で、護良親王(後醍醐天皇の皇子)が一時拠点とした場所。

 後醍醐天皇が南朝を興した場所。


金峯山寺
リンクボタン金峯山寺

 役行者(役小角)が、山上ヶ岳と吉野山に蔵王権現を祀ったことに始まる寺。

 中世には多くの僧兵を抱えていた。

 吉野山で源義経と別れた静御前は、金峯山寺(蔵王堂)の僧兵に捕まり、鎌倉へ送られている。




〜源義経と静御前の伝説〜

吉水神社
リンクボタン吉水神社
勝手神社
リンクボタン勝手神社

 吉水神社源義経一行が隠れ住んでいたという所。

 勝手神社の社殿前では静御前が舞ったのだとか。


覚範首塚
リンクボタン覚範首塚
佐藤忠信花矢倉
リンクボタン佐藤忠信花矢倉

 義経の郎党佐藤忠信は、義経一行を落ち延びさせるため囮となって戦った。


吉野水分神社
リンクボタン吉野水分神社
金峯神社
リンクボタン金峯神社

 金峯山寺の僧兵から逃れる義経の伝説が残されている。


〜後醍醐天皇・護良親王・村上義光〜

村上義光の墓
リンクボタン村上義光の墓
後醍醐天皇陵
リンクボタン後醍醐天皇陵

 村上義光は、吉野城の戦いで護良親王の身代わりとなって自害した。

 足利尊氏と対立して吉野に南朝を興した後醍醐天皇は京都へ帰ることなく吉野で崩御。

大塔宮仰徳碑
リンクボタン大塔宮仰徳碑
後醍醐天皇御幸の芝
リンクボタン御幸の芝


如意輪寺
リンクボタン如意輪寺

 如意輪寺は、後醍醐天皇が吉野に行宮を定めた際に勅願所とした寺。



鎌倉で義経を慕う舞・・・

静の舞
リンクボタン静の舞

 吉野山 峰の白雪 ふみわけて
 入りにし人の 跡ぞ恋しき


 しづやしづ しづのをだまき くり返し
 昔を今に なすよしもがな


 吉野山で捕えられ、鎌倉へ送られた静御前は、鶴岡八幡宮で義経を慕う今様を唄いながら舞った。


静の舞



〜吉野山で彫られた不動明王〜

 伝説によると・・・

 石山寺の座主だったという藤原宗円は、前九年の役で源頼義が苦戦していると、奥州まで不動明王像を携えて戦勝を祈願し、戦を勝利に導いたのだと伝えられている。

 その不動明王像は、源頼光の願いにより、円覚(多田満仲の子)が吉野山中に籠って一刀三礼のもとに彫り上げたと伝えられるもの。

 石山寺に安置された後、下野国に移され、現在は多気山不動尊の本尊なのだという。


石山寺
リンクボタン石山寺
(大津市)
多気山不動尊
リンクボタン多気山不動尊
(宇都宮市)







源義経

静の舞

源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝







吉野山桜ポスト

 吉野山は桜の名所。
 桜ポストは、2020年(令和2年)3月に吉野町観光案内所が吉野駅前に移転したのを機に新設された。
  ポストの横には「これはこれはとばかり花の吉野山」の句。



吉野山
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり