奈良・京都

八坂神社八坂神社本殿が国宝に。  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

吉野山:覚範首塚

編集:yoritomo-japan.com







吉野山:横川覚範の首塚


 1185年(文治元年)暮れ、源頼朝の追手から逃れるため吉野山に籠った源義経

 武蔵坊弁慶・佐藤忠信・伊勢義盛・常陸坊海尊・鷲尾義久・片岡常春と愛妾静御前が一緒だったのだという。

 吉水院(現在の吉水神社)に身を隠していた義経だったが、頼りとしていた金峯山寺衆徒を味方につけることができす、途中で静御前とも別れ、水分神社まで逃げ伸びた。

 しかし、横川覚範をはじめとする吉野の僧兵が追ってきたため、佐藤忠信が義経の囮となって戦い、花矢倉から覚範に矢を浴びせて討ち取り、義経一行を落ち延びさせたのだと伝えられている。

 覚範は比叡山横川で修行を積み、吉野一の荒法師と呼ばれていたのだという。


吉野山:佐藤忠信花矢倉
リンクボタン佐藤忠信花矢倉
義経隠れ塔
リンクボタン義経隠れ塔







源義経

静の舞

源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



吉野山
リンクボタン吉野山



吉野山
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり