鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



静 の 舞
〜鎌倉と静御前〜

編集:yoritomo-japan.com







 2021年3月19日の鎌倉市観光協会のページによると、鎌倉まつりは「静の舞」のみの実施となったようです。
 なお、「静の舞」も開催日非公表で、後日、動画配信されるようです。


静の舞


 静御前は、京の白拍子。

 母は磯禅師。

 伝説によると・・・

 1182年(寿永元年)、後白河法皇は、神泉苑に白拍子100人を呼んで「雨乞いの舞」を舞わせます。

 99人までが舞っても雨は降りませんでしたが、100人目の静が舞うと3日間雨が降り続いたのだといいます。

 その後、「住吉での雨乞い」の際に源義経に気に入られて妾となったのだと伝えられています。

白拍子は、今様などを歌いながら男装で舞う女性。


 静は、兄の源頼朝と不仲となった義経が都を落ちるときも行動を共にしていました。

 『吾妻鏡』よると、1185年(文治元年)11月、都を落ちた義経一行は大物浜から九州への船出を試みますが、船が難破して海を渡ることができず、家人はバラバラとなり、その夜は四天王寺に宿泊。

 義経は2日ほどここで待つように告げて行方をくらましますが、やがて迎えの馬がよこされ、3日かかって吉野山へ。

 吉野山に5日間逗留した後、義経と別れ、11月17日、蔵王堂(金峯山寺)に辿り着いたところを捕えられたのだといいます。 


吉野山
リンクボタン吉野山

金峯山寺
リンクボタン金峯山寺
勝手神社
リンクボタン勝手神社

 蔵王堂で捕えられた静御前は、勝手神社で舞い、荒法師たちを感動させたのだと伝えられています。






 12月8日、蔵王堂の執行(長)から、当時京都に滞在していた北条時政に身柄が引き渡された静は、翌1186年(文治2年) 3月1日、母磯禅師とともに鎌倉に送られてきました。

 頼朝は、鎌倉に来た静に舞わせようとしますが、静はそれを断り続けます。

 しかし、4月8日、八幡大菩薩に献舞するということで説得され、鶴岡八幡宮若宮の回廊で舞を披露することとなります。

 静は、義経を慕う今様(いまよう・歌謡)にあわせて舞います。

 工藤祐経が鼓を畠山重忠が銅拍子を担当しました。


静の舞


吉野山 峰の白雪 ふみわけて
入りにし人の 跡ぞ恋しき


(吉野山の白雪を踏み分けて山深くお入りになってしまった義経様が恋しい )


しづやしづ しづのをだまき くり返し
昔を今に なすよしもがな

(静、静と繰り返し私の名を呼んだあの人の輝かしかった頃にもう一度戻りたい)


〜梁の塵を動かすほどの見事な舞〜

 『吾妻鏡』には、「まことにこれ社壇の壮観、梁塵(りょうじん)ほとんど動くべし。上下みな興感を催す」と記されています。

 参列した者のほとんどが「静の舞」に心を動かされたということなのかもしれません。

 頼朝は、静が義経を慕う歌をうたったことから激怒しますが、妻の北条政子は「私が御前だったとしてもあのように舞ったでしょう」と言ってとりなしたのだと伝えられています。


リンクボタン北条政子を感動させた静の舞〜梁塵を動かす歌と舞〜

リンクボタン梶原景茂に口説かれた静御前〜私は源義経の妾です!〜


静の舞


〜大姫にも舞を披露〜

 5月27日、静は、頼朝が父義朝の菩提を弔うために創建した勝長寿院でも、頼朝の娘・大姫に舞を見せています。

 大姫は、婿の木曽義高が殺されて以来、体調が優れず、勝長寿院に参籠して病気回復祈願をしていました。

 静にとって似たような境遇にあった大姫は特別な存在だったのかもしれません。



公開日非公表・後日、動画配信
=2021静の舞=

?月?日(?)・鎌倉まつり初日
17:00〜
鶴岡八幡宮舞殿


「静の舞」は、童謡・唱歌「鎌倉」にも歌われています。


鎌倉まつり







〜義経の子を身籠っていた静〜

 鎌倉に来た静は、義経の子を身籠っていました。

 そのため、長く鎌倉にとめ置かれていました

 そして、生まれてくる子が男子であったなら、その子の命を絶つことは決まっていました。

 閏7月29日、静の産んだ子は男子。

 頼朝の命により、その子は殺害され、その遺体は由比ヶ浜に捨てられたということです。

 9月16日、静は傷心のまま鎌倉を離れ京に向かったとされていますが、その行方は不明です。

 由比ヶ浜に身を投げたともいわれています。


リンクボタン母と子との悲しい運命〜源義経の子を産んだ静御前〜



〜奥州へ向かったのかも・・・〜

静桜
リンクボタン静桜

 鶴岡八幡宮流鏑馬馬場の傍らには、静の終焉の地の一つとされる福島県郡山市の「静桜」が植樹されています。

 静は、義経を追って奥州平泉に向かいますが、途中で義経の死を知り、義経の菩提を弔うために植えたのが「静桜」なのだと伝えられています。


宇都宮二荒山神社
リンクボタン宇都宮二荒山神社

 昔、宇都宮二荒山神社の南には、奥州平泉へ向かう途中の静が鏡を落としたという池があったのだといいます。

リンクボタン静御前の鏡の伝説〜宇都宮二荒山神社〜



〜雨乞いの霊場〜

 静が後白河法皇の命によって「雨乞いの舞」を舞った神泉苑は、東寺弘法大師(空海)も「雨乞い祈祷」を行ったという「雨乞いの霊場」として知られた場所。

 もとは、天皇の禁苑でしたが、現在は東寺真言宗の寺となっています。

 朱塗りの法成橋は、義経と静が出会ったと場所とも伝えられています。


神泉苑
リンクボタン神泉苑
(京都)



鎌倉まつり


源義経

歴史めぐり源頼朝



公開日非公表・後日、動画配信
=2021静の舞=

?月?日(?)・鎌倉まつり初日
17:00〜
鶴岡八幡宮舞殿

静の舞の動画配信については、鎌倉市観光協会HPでご確認願います。


鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下2−1−31

鎌倉駅東口から徒歩10分







鎌倉の行事・祭


GW鎌倉


6月は鎌倉でアジサイ
鎌倉あじさいめぐり

開花・見頃・イベントの情報
2021鎌倉あじさい情報


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅