奈良・京都

八坂神社八坂神社本殿が国宝に。  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

佐藤忠信花矢倉
〜吉野山〜


編集:yoritomo-japan.com







吉野山:佐藤忠信花矢倉


  1185年(文治元年)暮れ、源頼朝の追手から逃れるため吉野山に籠った源義経だったが・・・

 吉野の僧兵に追われる身となり、郎党の佐藤忠信が囮となって義経一行を落ち延びさせたのだという。

 花矢倉は、忠信が追ってくる横川覚範らに矢を浴びせたところと伝えられている。


吉野山:佐藤忠信花矢倉





〜佐藤忠信〜

 1180年(治承4年)、奥州平泉の藤原秀衡のもとにいた源義経は、源氏再興の挙兵をした兄頼朝のもとへ馳せ参じるが、その際、秀衡の命により随行したのが佐藤継信・忠信の兄弟。

 佐藤兄弟は義経の郎党として平家追討で活躍するが、兄の継信は屋島の戦いで討死した。

 『義経記』によると・・・

 1185年(文治元年)11月、頼朝と対立して都落ちとなった義経は、大物浦から船出して西国を目指したが暴風雨で失敗。

 義経は忠信らとともには吉野山に逃げ込むが、金峯山寺の僧兵に追われる身となり、忠信が囮となって義経一行を落ち延びさせた。

 その後、都に戻った忠信は義経の行方を探していたが、北条義時に攻められて自害したのだという。

 ただ『吾妻鏡』では・・・

 大物浦での難破後、忠信は義経とは宇治辺りで別れて都に戻るが、以前に関係していた若い女に手紙を送ったことで、鎌倉御家人の糟屋有季の知る所となり、潜伏していた中御門東洞院を襲撃されて自害したのだと伝えられている(1186年(文治2年)9月22日)。


横川覚範の首塚
リンクボタン横川覚範の首塚

 花矢倉の下には、忠信に討ち取られた覚範の首塚がある。


吉野山:佐藤忠信花矢倉
花矢倉展望台からの眺め

 花矢倉展望台は吉野一眺めの良い場所で、金峯山寺蔵王堂を望むことができる。



花矢倉の先には・・・

吉野水分神社
リンクボタン吉野水分神社
義経隠れ塔
リンクボタン義経隠れ塔







源義経

静の舞

源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



吉野山
リンクボタン吉野山



吉野山
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり