奈良・京都

八坂神社八坂神社本殿が国宝に。  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

吉野山:吉水神社

編集:yoritomo-japan.com







吉野山:吉水神社


 後醍醐天皇・楠木正成・吉水院宗信法印をまつる神社。

 白鳳年間(7世紀後半)に役行者(役小角)が金峯山寺の僧坊として建立した吉水院(きっすいいん)が始まりだといわれる。

 明治維新の神仏分離により神社に改められた。

 1185年(文治元年)、源頼朝に追われて吉野山に逃げ込んだ源義経静御前や弁慶らとともに隠れ住んだ場所と伝えられている。

 1336年(延元元年/建武3年)、密かに吉野へ行幸した後醍醐天皇は、宗信法印の援護を受けて吉水院に行宮を設けて居所としたのだという。

 1594年(文禄3年)には、豊臣秀吉が花見の本陣とした。

 重要文化財の書院には、後醍醐天皇玉座の間、源義経潜居の間、太閤秀吉花見の間などがある。





吉野山:吉水神社書院
書院
書院造りの傑作といわれている。


義経・静御前潜居の間
義経・静御前
潜居の間
後醍醐天皇玉座
後醍醐天皇玉座



吉野山:吉水神社

 「ここにても 雲井の桜 咲きにけり ただかりそめの 宿と思ふに」

 後醍醐天皇の歌。

 廃寺となった世尊寺のほとりに咲く桜をみて詠んだのだという。







源義経

源義経をめぐる京都

歴史めぐり源頼朝



吉水神社
吉水神社

 奈良県吉野郡吉野町吉野山579

 吉野大峯ケーブル自動車「吉野山駅」から徒歩35分。


吉野山
リンクボタン吉野山



吉野山
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり