奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

光明寺の石棺

編集:yoritomo-japan.com







光明寺石棺

 御影堂の右手前の石棺は、法然が亡くなってから約500年後に東山天皇から贈られたもの。


光明を発したという伝説の石棺

光明寺石棺


 法然は、1212年(建暦2年)、東山の大谷の地で入滅(80歳)。

 知恩院には廟堂が建てられ遺骸が奉安されたが、1227年(嘉禄3年)、比叡山の僧兵による浄土宗への弾圧が起こると、弟子たちは遺骸を嵯峨の二尊院へ遷し、さらに太秦の西光院へと遷した。

 遺骨移送には、宇津宮頼綱(蓮生)や六波羅の武士が警固にあたっている。

 翌1228年(安貞2年)正月20日、石棺が解き放たれ、光明が南西の粟生野を照らしたことから、十七回忌にあたる同月25日、遺骸を粟生野に遷して荼毘に付したのだという。







光明寺
リンクボタン光明寺

 光明寺は熊谷直実が建てた念仏三昧院を始まりとする寺院。
 法然の遺骸が荼毘に付されたことにより、光明寺と改められた。


長岡京市粟生西条ノ内26−1

JR「長岡京」駅から阪急バス「20,22系統」
「旭が丘ホーム前」下車。

阪急「長岡天神」駅から阪急バス「22系統」
「旭が丘ホーム前」下車



光明寺MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり