鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



佐々木経高

編集:yoritomo-japan.com







 佐々木経高(ささきつねたか)は、近江国蒲生郡佐々木荘を領した佐々木秀義(宇多源氏)の二男。

 母は、下野宇都宮氏の二代当主宗綱の娘といわれる。

 1159年(平治元年)、父秀義が源義朝に従った平治の乱で敗れると、父ともともに奥州平泉藤原秀衡を頼って東国へ下ったが、相模国渋谷庄で渋谷重国に引き留められて庇護を受けたのだという。

 リンクボタン渋谷重国と佐々木四兄弟

 その後、兄弟の定綱盛綱高綱とともに伊豆国に流されていた源頼朝に仕えた。

 1180年(治承4年)8月17日の頼朝の挙兵に参陣し、兄定綱とともに、山木兼隆の後見役だった堤信遠邸を攻めて討ち取った。

 この時、経高が放った矢が、頼朝と平家との戦いの一番矢となっている。

 8月24日、石橋山の戦いで頼朝は大敗してしまうが、安房国で再挙し、10月20日には富士川の戦いで平家軍を敗走させた。

 戦後の論功行賞で佐々木兄弟は佐々木荘を安堵されている。


父秀義の母方の伯母は、藤原秀衡に嫁いでいたのだという。

頼朝に仕えた四兄弟のうち、経高だけは母が違う異母兄弟だった。

父秀義は1184年(元暦元年)の三日平氏の乱で討死している。


山木館襲撃〜源頼朝の挙兵〜

石橋山の戦い


源頼朝挙兵






 その後も頼朝の側近として活躍し、淡路・阿波・土佐の守護に任命されたが・・・

 1200年(正治2年)8月2日、京都市中の警護を任されていた経高は、淡路・阿波・土佐の兵を京都に集め、後鳥羽上皇の怒りにふれ、三国の守護を解任された。

 その後、出家して経蓮を名乗る。

 翌年には、これまでの功績により赦免され、一国が戻された。

 1203年(建仁3年)10月、比叡山の堂衆が騒動を起こすと、勅命により、弟の盛綱・甥の重綱(高綱の子)とともに鎮圧。

 ただ、この時、甥の重綱は討死している。

 1221年(承久3年)5月、後鳥羽上皇北条義時追討の院宣を発すると(承久の乱)、朝廷軍に属し、院中にあって合戦の計を廻らしていたが・・・

 朝廷軍は敗れ、経高は、6月16日、自害した。

 リンクボタン佐々木経高の最期


承久の乱


リンクボタン北条義時追討の官宣旨案
(神奈川県立歴史博物館(原本:個人蔵))

リンクボタン北条義時追討の宣旨
(『承久記』(流布本))

リンクボタン北条義時追討の院宣
(『承久記』(慈光寺本))

リンクボタン北条義時追討の宣旨に対する返書







2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人

二代執権北条義時

宿老13人の合議制


歴史めぐり源頼朝

源頼朝ゆかりの武将



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時