鎌倉手帳(寺社散策)

歴史めぐり源頼朝
〜それぞれの石橋山:
渋谷重国と佐々木四兄弟〜








 渋谷重国は、相模国高座郡渋谷庄(現在の藤沢市、綾瀬市、大和市にまたがる地域)を領していた武将。

 重国は、平治の乱後、奥州へ逃れようとしていた佐々木秀義とその子を引き止め、娘を秀義に嫁がせて婿としています。

 以後20年に亘って、秀義父子は重国の保護を受けていたといいます。


早川城址
リンクボタン早川城址
(綾瀬市)


〜佐々木四兄弟〜
(佐々木秀義の子)

嫡男:定綱

 母は源為義(頼朝の祖父)の娘。

 山木館襲撃では、山木兼隆の後見役だった堤信遠を討ち取っています。


次男:経高

 母は宇都宮氏の娘。

 山木館襲撃では、兄定綱とともに堤信遠を攻め、源頼朝と平氏との戦いの一番矢を放ちました。


三男:盛綱

 母は源為義の娘。

 頼朝には1166年(仁安元年)から仕えています(16歳)。

 山木館襲撃では、加藤景廉とともに山木兼隆を討ち取りました。


四男:高綱

  母は源為義の娘。

 山木館襲撃では、兄定綱・経高とともに堤信遠を討ち取ります。

 石橋山での敗戦後、椙山の堀口に陣を布いた頼朝をよく守りました。

 のちの「宇治川の戦いでの先陣争い」で知られている武将です(参考:宇治川先陣の碑)。


宇治川先陣の碑
リンクボタン宇治川先陣の碑
(宇治市)

高綱ゆかりの寺社
鳥山八幡宮
リンクボタン鳥山八幡宮
(横浜市港北区)
三会寺
リンクボタン三会寺
(横浜市港北区)







〜大庭景親の密事を知らせた高綱〜

 頼朝挙兵する前の8月9日、大庭景親に呼び出された秀義は、「源頼朝討伐の密事」を聞きます。

 翌日、秀義は、その話を頼朝に伝えるため、嫡男定綱を遣わしています。

 11日、定綱は頼朝のもとに到着して景親の密事を報告し、14日朝には、甲冑を用意するため、渋谷庄への帰路についています。

 このとき頼朝は、定綱に「16日には戻って来るように」と伝えるとともに、渋谷重国に対して手紙を書いたといいます。



〜石橋山の戦い後の
重国と佐々木四兄弟〜


 石橋山の戦い後の8月26日、大庭景親は、渋谷重国のもとへ行き、「佐々木四兄弟は、頼朝に属し平家に弓を引いた。その罪は許されることではない。佐々木四兄弟を捜しているが、妻子らを捕らえるべきだ」 と命令します。

 しかし、重国が 「佐々木四兄弟には、年来の親しい間柄によって扶持を与えてきた。 しかし、彼らが旧恩のため、臣下として頼朝に仕えることを禁ずることはできない。重国は、貴殿の招集に参じ、外孫佐々木五郎義清を連れて石橋山に駆けつけた。その功を考えず、定綱以下の妻子を召し捕れとの命令であるが、本懐ではない」 と拒否すると、景親は、この理に伏して立ち去ったといいます。

 その晩、定綱・盛綱・高綱の3人が、頼朝の異母弟全成を連れて渋谷館へ帰ってきました。

 3人は深山を出たところで全成に出会ったのだといいます。

 重国は喜びますが、世間の憚りを気遣って、倉庫に招き、食事と酒を勧めました。

 その間、重国が「経高は討ち取られたのか?」と尋ねると、定綱が「存念があるといって一緒に来ませんでした」と答えます。

 すると重国は、「一度だけ、頼朝様に参じるのを止めたことがある。 しかし、それを聞かず参じてしまった。戦いに負けてしまった今、重国に会うことを恥じているのかもしれない」 と言って、部下に行方を捜させたといいます。

 この話を聞いた人は、渋谷重国は情けがあると感心したということです。

 のちに重国は、頼朝に臣従して所領を安堵してもらっています。



戻る
石橋山の戦いのページへ



源頼朝







編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)