鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

加藤景廉一族の墓
伊豆市牧之郷

編集:yoritomo-japan.com







加藤景廉一族の墓


 加藤景廉(かげかど)は伊豆国の牧之郷を治めた武将。

 工藤茂光とともに源為朝を征伐したと伝えられている。

 1180年(治承4年)8月17日の源頼朝挙兵に従い、山木館襲撃では佐々木盛綱とともに伊豆国目代の山木兼隆を討ち取った。

 8月24日の石橋山の戦いでの敗戦後、兄・光員と甲斐国に逃れるが、10月には武田信義らとともに駿河国に侵攻、鉢田の戦いで目代・橘遠茂を滅ぼした。

 1185年(元暦2年)の平家追討では、西海(九州)において特に功があったとして、北条義時小山朝政・小山宗政・中原親能葛西清重工藤祐経・宇佐美祐茂・天野遠景仁田忠常・比企朝宗・比企能員とともに頼朝から感状を受けている。

 1193年(建久4年)11月28日、永福寺の供養の際に女性問題を起こした安田義資を誅殺。

 翌年、義資の父義定も謀反の疑いで梟首されるが、一説によると景廉は追討使だったのだという。

 頼朝の亡き後の1203年(建久3年)に起こった比企の乱では、比企能員を暗殺した仁田忠常を誅殺(仁田忠常の誅殺)。

 1219年(建保7年)に将軍源実朝が暗殺されると、警備の最高責任者だった景廉は、その責任を負って出家し、覚蓮房妙法と号している。

 1221年(承久3年)8月3日没、牧之郷に葬られた。





〜景廉の父景員〜

 加藤景廉は、伊勢国出身の武将・加藤景員(かげかず)の子。

 景員は、伊勢国で平氏の家人を殺害したことから、子光員、景廉とともに伊豆国へ逃れて工藤氏に身を寄せていた。

 1180年(治承4年)に源頼朝挙兵すると父子ともに参じ、石橋山の戦い頼朝が大敗すると景員は箱根山中で出家し、伊豆山権現に入っている。

 源頼朝が帰依した伊豆山権現の覚淵や、松田山(神奈川県松田町)に西明寺(現:最明寺(大井町))を建立した源延は景員の子だという。



金剛寺跡碑


 現在、牧之郷に並んでいる五輪塔は、1958年(昭和33年)の狩野川台風によって流され、散乱していたものを住民によって集められたもの。

 この地には、鎌倉時代から室町時代にかけて牧之郷の地頭を勤めた遠山氏の菩提寺金剛寺があったという。

 遠山氏は加藤景廉を祖とする氏族。

 1785年(天明5年)、墓の下からは、景廉の孫にあたる善願上人の蔵骨器(舎利瓶)が発見されている(修善寺郷土資料館に展示)。

江戸時代に活躍した「遠山の金さん」(遠山景元)は加藤景廉の子孫。







歴史めぐり源頼朝



加藤景廉一族の墓
加藤景廉の墓

伊豆市牧之郷90−2

伊豆箱根鉄道駿豆線「牧之郷」駅から徒歩



伊豆箱根鉄道で源頼朝めぐり
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時