鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機  鎌倉大仏かながわ県民割でお得旅行

葛 西 清 重

編集:yoritomo-japan.com







葛西清重の墓
葛西清重墓
(西光寺)


 葛西清重は、桓武平氏の血をひく豊島清元(清光)の三男。

 母は秩父氏の出。

 葛西御厨を相続し葛西氏を名乗る。

 1180年(治承4年)、石橋山の戦いで敗れた源頼朝が安房(源頼朝上陸地)に渡り、千葉常胤上総広常を従えて鎌倉を目指して進軍してくるとこれに加わった。

 このとき、石橋山の戦い大庭景親に従った江戸重長を服属させている。

 平家追討奥州征伐にも従軍し、頼朝亡き後の和田合戦でも活躍した。

 1185年(元暦2年)の平家追討では、西海(九州)において特に功があったとして、北条義時小山朝政・小山宗政・中原親能加藤景廉工藤祐経・宇佐美祐茂・天野遠景仁田忠常・比企朝宗・比企能員とともに頼朝から感状を受けている。

 1189年(文治5年)の奥州征伐では、父清元とともに遠征軍に加わって活躍し、戦後に奥州総奉行に任じられている。

 葛飾区四ツ木にある西光寺は、清重の創建で、その居館跡に建てられたとされている。

 鎌倉での館は、葛西ヶ谷(東勝寺跡のある谷)にあったとされ、「葛西」の名が地名として残されている。







歴史めぐり源頼朝



西光寺
リンクボタン西光寺

葛飾区四つ木1−25−8

京成押上線「四ツ木」駅から徒歩10分



西光寺と葛西清重墓所
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時