鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝上陸地
〜鋸南町:竜島海岸〜


編集:yoritomo-japan.com







源頼朝上陸地の碑


 1180年(治承4年)8月17日、伊豆国で挙兵した源頼朝は、目代の山木兼隆を討つと相模国へ進軍するが、24日、石橋山の戦い大庭景親伊東祐親らの平氏軍に敗れ、山中へ逃亡。

 一時、箱根権現に身を寄せるが、28日、真鶴岬から安房国へと船出した。

 『吾妻鏡』によると上陸したのは、安房国の平北郡猟島。

 現在の鋸南町竜島辺りと考えられている。

 従っていたのは、安達盛長岡崎義実、新開忠氏、土屋宗遠、土肥実平田代信綱と伝えられている(七騎落ちの伝説)。 

湯河原町城願寺には、真鶴岬から船出した頼朝主従七騎の伝説が残されている。



竜島海岸
竜島海岸

 『吾妻鏡』によれば、1180年(治承4年)8月28日、源頼朝土肥実平が用意した小舟で真鶴岬から安房国へ向かった。

 翌29日、安房国の平北群猟島に上陸。

 先に到着していた北条時政らが迎えたのだという。

頼朝が船出する前日、北条時政北条義時,、岡崎義実らも船出していた。


真鶴・岩海岸
リンクボタン源頼朝船出の浜
(真鶴町)



〜三浦一族も合流〜

 石橋山の戦いから船出までの間には、三浦義明衣笠城畠山重忠・河越重頼・江戸重長によって攻められ、義明が討死(衣笠合戦)。

 義明の子義澄をはじめとする三浦一族衣笠城を逃れ、海路安房へと向かい源頼朝と合流。

 このとき和田義盛頼朝に「侍所の別当」にしてくれるよう頼んで皆を笑わせたのだという。


〜勘違いの村人の伝説〜

 安房国に上陸した源頼朝を村人たちは親切にもてなした。

 喜んだ頼朝が「天下を取ったら、褒美に安房一国を与える」と言うと、粟一石と勘違いした村人は「粟なら畑でも穫れるから苗字をもらいたい」と言ったという。

 欲のない村人に対して頼朝が「そうか、ばかだなぁ」と言うと、今度はそれが与えられた苗字だと勘違いし、「左右加」(そうか)、「馬賀」(まが)と名乗るようになったのだとか・・・。


〜角なしサザエの伝説〜

 源頼朝は、安房国に上陸したとき、サザエを踏んで怪我をしてしまった。

 怒った頼朝が「角などなくなってしまえ」と怒鳴ると、それ以来、竜島のサザエに角がなくなったのだという。






竜島海岸・神明神社
神明神社
(竜島海岸)

 神明神社は、安房国の平北郡猟島(鋸南町竜島)に上陸した源頼朝が滞在したという場所。

 頼朝は、ここから上総広常に手紙を書いたと伝えられ、9月3日、広常の館に向かうため平北郡猟島を出発している。



源頼朝公上陸地:館山洲崎
リンクボタン源頼朝公上陸地
(館山市)
館山:洲崎神社
リンクボタン洲崎神社
(館山市)

 源頼朝の上陸地については、『源平盛衰記』や『義経記』では洲崎だと伝えられている。

 洲崎神社は、安房に上陸した頼朝が参拝したという神社。







歴史めぐり源頼朝



鋸南町・竜島海岸
頼朝上陸地

 安房国に渡った源頼朝は態勢を立て直し、千葉常胤上総広常などの武将を従えて10月2日に武蔵国へ入り、10月6日には相模国へ入った。


千葉県安房郡鋸南町竜島165−1

JR内房線「安房勝山」駅から徒歩10分



〜源頼朝上陸地MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)