鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



上 総 広 常

編集:yoritomo-japan.com







 上総氏は、平忠常を祖とする房総平氏。

 上総介として上総・下総二ヶ国に所領を持ち、大きな勢力を有していた豪族。

 上総広常(かずさひろつね)は、上総権介平常澄の八男(嫡男)。

 「上総介広常」の呼称が広く用いられる。

 広常は、源義朝に仕え、1159年(平治元年)の平治の乱で義朝が敗れると平家に従っていたが、1180年(治承4年)、石橋山の戦いで敗れた源頼朝が安房で再挙すると、2万騎を率いて参陣。

 のちに上洛した頼朝は、後白河法皇に・・・

 「上総介広常は東国に勢いのある武士で、東国を打ち従えることができたのも広常を味方につけたため」と話したのだという。

 しかし、1183年(寿永2年)12月22日、謀反を企てたとして、梶原景時に暗殺された。


上総氏系図


梶原太刀洗水
リンクボタン梶原太刀洗水

 鎌倉七口の一つ朝夷奈切通にある梶原太刀洗水は、広常を暗殺した後、梶原景時が太刀の血を洗い流したという湧き水。

 鎌倉五名水の一つ。

 広常の屋敷は朝夷奈切通の入口付近にあったのだという。


上総介塔
リンクボタン上総介塔

 横浜市金沢区の朝比奈のバス通りにある五輪塔(上総介塔)は、広常の墓ともいわれている。


リンクボタン2万騎で参陣した上総広常

リンクボタン新亭完成・武家の都の誕生

リンクボタン上総広常の暗殺







〜那須野の狐退治の伝説〜

 玉藻前(たまものまえ)に化けて鳥羽院をたぶらかし、正体が見破られて那須野で成敗された白面金毛九尾の狐。

 その退治を命ぜられたのが三浦大介義明と上総介広常。

 初めは狐の術にはまってしまったが、義明の矢が命中し、広常が刀でとどめを刺した。

 しかし、狐はその後巨大な石と化し、近づく人や鳥獣がみな死んでしまったため、殺生石と名付けられ恐れられたという。

 リンクボタン那須野の狐退治と殺生石


京都・真如堂
リンクボタン鎌倉地蔵の伝説
(京都・真如堂)

 京都の真如堂にある鎌倉地蔵は、殺生石を打ち砕いた源翁禅師が、砕かれた石で彫った像なのだという。



〜『吾妻鏡』が伝える傲慢な態度〜

 源頼朝の下に参陣し、富士川の戦い佐竹征伐で活躍した広常だったが・・・

  1181年(治承5年)6月19日、頼朝は三浦一族が準備をした催しに出席するため三浦に出かけた。

 広常も佐賀岡浜で頼朝を出迎えたのだが・・・

 広常は、轡を緩めて敬礼したのみで下馬しなかったのだという。

  三浦義連は、広常の前に出て、下馬の礼をとるよう促したが、広常は、

 「公私共三代の間、未だその礼を成さず」と言ったのだとか。

 その後、衣笠合戦で命を落とした三浦義明の旧跡に場所を移し、三浦義澄が酒宴の席を用意。

 酒宴が進んでいくと、岡崎義実が頼朝の水干を所望。

 水干はすぐに義実に下賜されたが、広常はこれを妬み、

 「このような美しい服は、広常のような者が拝領すべきであって、義実のような老いぼれに下賜されるのは予想外である・・・」

 と息巻いたため、双方が言い合いとなり、あわや殴り合いの喧嘩となるところだったという。

 これを鎮めたのは、三浦義連だった。

 以上は、『吾妻鏡』の記事によるものだが、頼朝が梶原景時に広常暗殺を命じたのは、このような態度も災いしていたのだろうか・・・?







歴史めぐり源頼朝



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時