奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



鎌倉地蔵の伝説
〜京都:真如堂〜


編集:yoritomo-japan.com







真如堂鎌倉地蔵


 昔、中国には白面金毛九尾の狐がいた。

 美女妲妃(だっき)に化けて殷の紂王(ちゅうおう)をたぶらかすが、正体を見破られて日本へ逃げてきた。

 そして、鳥羽院の前に玉藻前(たまものまえ)となって現れる。

 鳥羽院は玉藻前を寵愛するが、次第に病に臥せるようになる。

 医師にも原因がわからず・・・

 しかし、陰陽師安倍泰親にの占いによって玉藻前が原因であることが判明。

 正体を暴かれてしまった玉藻前は、白面金毛九尾の狐に姿を変え、宮中から脱走した。

 その後、那須野で発見され狐は、鳥羽院が差し向けた討伐軍によって退治された。

 その討伐軍の中には、のちに源頼朝挙兵に協力する三浦義明千葉常胤上総広常がいた。

 狐は、三浦義明の矢で脇腹と首筋を貫かれ、上総広常の長刀でとどめを刺されたのだという。

 しかし、息絶えた狐は巨大な石と化し、近づく人や鳥獣がみな死んでしまったため、「殺生石」と名付けられて恐れられるようになる。

 時は過ぎて・・・室町時代。

 源翁禅師(心昭空外)が持っていた杖でこの「殺生石」を破壊すると、災いが止んだ。

 このとき、源翁禅師の持っていた杖が「かなづち」のような形をしていたので、「かなづち」の別名を「玄能(げんのう)」と呼ぶのだとか。

 源翁禅師が叩き割った殺生石は3つに割れたが、禅師はその一つで地蔵菩薩を刻み、鎌倉に小さな御堂を建てて安置したのだという。

 江戸時代になると、この地蔵菩薩を篤く信仰していた甲良豊後守宗広の夢の中に地蔵菩薩が現れ、衆生済度の霊場「真如堂」へ移すようにとのお告げがあった。

 宗広はその夢告に従って地蔵菩薩を真如堂に移したのだという。

 そのため、真如堂の地蔵菩薩像は「鎌倉地蔵」と呼ばれている。


真如堂本堂






海蔵寺
リンクボタン海蔵寺
(鎌倉)

 海蔵寺は、鎌倉地蔵が置かれていたという扇ヶ谷にある寺院。

 殺生石の伝説で知られる源翁禅師(心昭空外)の開山。







歴史めぐり源頼朝



真如堂
リンクボタン真如堂
(真正極楽寺)

京都市左京区浄土寺真如町82

市バス「真如堂前」または「錦林車庫前」下車徒歩8分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時