鎌倉手帳(寺社散策)

上総介広常の五輪塔
〜鎌倉:朝夷奈切通〜


編集:yoritomo-japan.com







上総介塔


 上総介広常は、源頼朝石橋山の戦いで敗れ、安房(源頼朝上陸地)に渡り体勢を整えて鎌倉入りするときに従った武将。

 しかし、1183年(寿永2年)12月、頼朝に対する傲慢な態度が災いし、謀反の疑いをかけられ梶原景時に暗殺された。

 横浜市金沢区の朝比奈のバス通りにある五輪塔(「上総介塔」)は、上総介広常の墓ともいわれている。





梶原太刀洗水
リンクボタン梶原太刀洗水

 梶原太刀洗水は、梶原景時が太刀の血を洗い流したという泉。


okadoのブログ

源頼朝と上総介広常

暗殺された上総介広常

源頼朝のための願文・・・上総介広常






歴史めぐり源頼朝



朝夷奈切通
リンクボタン朝夷奈切通

 鎌倉七口の一つ朝夷奈切通は、鎌倉と金沢(六浦)を結ぶ切通。
 三代執権北条泰時によって開かれたこの道は「塩の道」と呼ばれた。



朝夷奈切通MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
涅槃会 献詠披講式
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜