鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
北条義時 長谷寺紅葉ライトアップ



将 門 塚
〜平将門の首塚〜

編集:yoritomo-japan.com







将門塚


 939年(天慶2年)、自らを新皇と称して反乱を起こし、翌年2月14日、藤原秀郷と平貞盛によって鎮圧された平将門。

 その首は京都で晒されるが、夜空へ舞い上がり、故郷へ向けて飛び去っていったのだという。

 その首が落ちた場所とされるのが、東京都千代田区大手町にある将門塚。

 将門に縁のある者が、京都で晒された首を持ち帰って、葬ったのだとも伝えられている。


将門塚

 将門塚は、令和2年11月から改修工事が行われ、令和3年4月に竣工した。



〜神田明神に祀られた将門〜

 将門塚のある地はかつての武蔵国豊嶋郡芝崎村。

 周辺には、日輪寺や神田明神があった。

 1307年(徳治2年)、遊行二祖の他阿(たあ・真教)が荒れ果てた首塚を整備し、将門に「蓮阿弥陀仏」の法名を贈り、首塚に自らが揮毫した板碑を建立して、日輪寺で供養が行われたのだという。

 1309年(延慶2年)には、その霊が神田明神に奉祀された。

 毎年9月の彼岸に将門塚例祭が執り行われ、5月の神田祭では、鳳輦(ほうれん)・神輿が渡御する。


神田明神
リンクボタン神田明神



〜房総平氏の祖〜

 将門の孫忠常は房総平氏の祖と呼ばれ、源頼朝の挙兵に参じた千葉常胤上総広常の先祖。


桓武天皇
第50代天皇

平高望

良文

忠常
(母は将門の娘)



千葉常胤



上総広常



〜将門の首が晒された京都〜

京都:神田明神
リンクボタン神田明神
(京都)

 京都の膏薬の辻子にある神田明神は、将門の首が晒された地の建てられた社。


東寺毘沙門堂
リンクボタン毘沙門堂
(東寺)
明王堂
リンクボタン明王堂
(神護寺)

 東寺兜跋毘沙門天は、将門調伏のために羅城門に安置されていたのだという。

 神護寺不動明王は、将門調伏のために下総国へ運ばれ、京都広沢の遍照寺・寛朝僧正を導師として御祈祷がなされたのだという。



〜将門調伏の祈祷が行われた成田山〜

成田山新勝寺
リンクボタン成田山新勝寺
(千葉県成田市)

 成田山新勝寺は、朱雀天皇の密勅により東国へ遣わされた寛朝僧正が、下総国で平将門調伏のための護摩焚きを行ったことに始まるのだという。







歴史めぐり源頼朝



将門塚
将門塚

東京都千代田大手町

東京メトロ・都営地下鉄大手町駅C5出入口からすぐ



将門塚と神田明神






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編