鎌倉手帳(寺社散策)

成田山新勝寺

編集:yoritomo-japan.com







成田山新勝寺


 成田山新勝寺は、940年(天慶3年)、寛朝僧正によって創建された真言宗智山派の寺院。

 本尊は不動明王。


〜平将門の調伏と成田山新勝寺〜

 939年(天慶2年)、東国で平将門が反乱を起こすと、朱雀天皇は寛朝に将門調伏の密勅を下した。

 寛朝は神護寺の不動明王(弘法大師作)を奉じて房総半島へ渡り、940年(天慶3年)、成田の地で21日間にわたって護摩焚き祈願を行った。

 その最後の日に将門が藤原秀郷・平貞盛によって滅ぼされ、寛朝が都へ帰ろうとすると、不動明王が成田の地に留まるよう告げたのだという。

 そのお告げによって建てられた神護新勝寺が成田山新勝寺の始まりと伝えられている。

〜平将門〜

 平将門は、桓武天皇から5代目の子孫。

 平姓を授けられた高望王の三男で下総国を本拠としていた平良将の子。

 一族間の争いに勝利し、次第にその勢力を拡げていくが、それが謀叛とみなされ、やがて朱雀天皇に対抗して新皇を称するようになる。

 940年(天慶3年)2月14日、藤原秀郷と平貞盛によって鎮圧された。


〜源氏とも深い関係〜

 成田山新勝寺は、源氏との関係も深く、1063年(康平3年)に源頼義が本堂を再建。

 1180年(治承4年)には源頼朝が平家追討の祈願を行ったのだと伝えられ、1188年(文治4年)には千葉常胤が本堂を再建しているのだという。





成田山新勝寺総門
総門総門
成田山新勝寺仁王門
仁王門仁王門

成田山新勝寺大本堂
大本堂大本堂
成田山新勝寺三重塔
三重塔三重塔

成田山新勝寺鐘楼
鐘楼鐘楼
成田山新勝寺一切経堂
一切経堂一切経堂

成田山新勝寺釈迦堂
釈迦堂釈迦堂
成田山新勝寺額堂
額堂額堂

成田山新勝寺開山堂
開山堂開山堂
成田山新勝寺光明堂
光明堂光明堂

成田山新勝寺奥之院
奥之院奥之院
成田山新勝寺清瀧権現・妙見宮
清瀧権現・妙見宮清瀧権現堂・
妙見宮

成田山新勝寺平和の大塔
平和の大塔平和大塔
成田山公園
成田山公園成田山公園



〜日本遺産〜

成田山参道

 2016年(平成28年)、 「北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み」 ―佐倉・成田・佐原・銚子:百万都市江戸を支えた江戸近郊の四つの代表的町並み群―が日本遺産に認定されています。







歴史めぐり源頼朝



成田山新勝寺
成田山新勝寺

千葉県成田市成田1番地

京成電鉄「京成成田駅またはJR「成田駅」より徒歩10分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)