鎌倉手帳(寺社散策)

ハス鎌倉のハス
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



相模の武将
土 肥 実 平


編集:yoritomo-japan.com







土肥実平
土肥実平と妻の像
(JR湯河原駅前)

 土肥実平(どいさねひら)は、桓武平氏の血をひく相模の豪族中村氏の一族。

 土肥郷(現在の湯河原町、真鶴町)を本拠としていた武将。

 1180年(治承4年)、源頼朝挙兵には、中村一族を率いて参陣。

 石橋山の戦いで大敗した頼朝を真鶴から安房へ渡らせる手引きをし、その後も、平家討伐や奥州征伐に参陣するなど大きな功績を残している。

 1191年(建久2年)7月、鎌倉幕府に新たに厩が建てられ、それを沙汰したのが、岡崎義実と土肥実平だったという記録が最後となっていることから、この年の暮れごろ亡くなったものと考えられている。


桓武天皇
第50代天皇

平高望

良文

忠頼

頼尊

恒遠

恒宗

中村宗平

土肥実平







〜石橋山の戦い〜

 1180年(治承4年)、源頼朝が源氏再興の挙兵

 伊豆国の目代山木兼隆を討ち取り気勢をあげると、相模に向かって進軍。

 その数、約300騎といわれている。

 石橋山に布陣するが、大庭景親軍3000騎、伊東祐親軍300騎との合戦に大敗し、頼朝は土肥実平の手引きによって土肥の椙山に逃れた。

 このとき、頼朝が隠れ潜んだといわれる洞窟が「しとどの窟」

 実平の妻は、「しとどの窟」に食糧を運んだのだと伝えられている。

 当時、平家方にあった梶原景時が隠れ潜む頼朝を見逃したという伝説も残されている。

 その後、頼朝箱根権現に身を寄せるが、再び土肥へ戻り、真鶴半島から安房国へ向けて船出した。


石橋山古戦場
リンクボタン石橋山古戦場
(小田原市)
しとどの窟
リンクボタンしとどの窟
(湯河原町)

箱根神社
リンクボタン箱根神社
(箱根町)
しとどの窟
リンクボタン鵐窟
(真鶴町)

源頼朝船出の浜
リンクボタン源頼朝船出の浜
(真鶴町)
源頼朝上陸地
リンクボタン源頼朝上陸地
(鋸南町)







土肥祭
リンクボタン土肥祭
焼亡の舞
リンクボタン焼亡の舞



源頼朝配流地

伊豆・箱根


源頼朝挙兵


リンクボタン挙兵の決意

リンクボタン山木館襲撃1

リンクボタン山木館襲撃2

リンクボタン相模国へ進軍

リンクボタン頼朝を助けた者たち

リンクボタン鎌倉入り


リンクボタン相模の武将「大庭氏」


土肥館址碑
土肥館址碑
(湯河原駅前)



歴史めぐり源頼朝



城願寺
リンクボタン城願寺

 湯河原町の城願寺は土肥実平の菩提寺。
 七騎堂には、安達盛長岡崎義実、新開忠氏、源頼朝、土屋宗遠、土肥実平田代信綱が祀られている。
 この七名が真鶴から舟出したメンバー。



湯河原・頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時