鎌倉手帳(寺社散策)

焼亡の舞
〜土肥実平〜

編集:yoritomo-japan.com







焼亡の舞
焼亡の舞


 1180年(治承4年)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、土肥実平の手引きによって土肥山中で数日間を過ごし、海路安房へ渡るため真鶴を目指していた。

 一方、頼朝を捜し出すことができず、伊東へ引き上げる途中の伊東祐親は土肥館に火を放った。

 それを山上から見ていた実平は、「我が家は何度も焼けば焼け」と歌い舞い、頼朝はその舞に感じ入ったという。

 この舞が「焼亡の舞」(じょうもうのまい)。

 「焼亡」とは火事のこと。

 山伏修験の心得があった実平は、燃え盛る炎を護摩の火と考え、修行成就の浄火として見て「延年」を舞ったのだという。

 「延年の舞」は、当時、箱根権現三島社で演じられていた。

 今日では奥州平泉中尊寺に伝承されているという。





謡坂の碑
リンクボタン謡坂の碑
(真鶴町・岩海岸)
土肥実平
リンクボタン土肥実平
(JR湯河原駅)


〜謡坂の碑より〜

土肥に三つの光あり

第一には八幡大菩薩我君を守り給う和光の光と覚えたり

第二には我君平家を討ち亡ぼし一天四海を照らし給う光なり

第三には実平より始めて君に志ある人々の御恩によりて子孫繁昌の光なり

嬉しや水水鳴るは瀧の水

悦び開けて照らしたる土肥の光の貴さよ

我家は何度も焼かば焼け

君が世にお出になったら広い土肥の椙山に茂る木を伐って邸など何度でも造りかえる

君を始めて万歳楽我等も共に万歳楽


土肥祭
リンクボタン土肥祭
(湯河原町)

 土肥会が主催する4月の第一日曜日の土肥祭では「焼亡の舞」が再現される。

 9月に鎌倉の鶴岡八幡宮で行われる例大祭でも、その最終日の流鏑馬神事の後に土肥会による「焼亡の舞」が演じられます。


鶴岡八幡宮例大祭







源頼朝挙兵

歴史めぐり源頼朝



湯河原・五所神社
リンクボタン五所神社

源頼朝石橋山に出陣する際、戦勝を祈願したという神社。


神奈川県足柄下郡湯河原町宮下359−1

JR湯河原駅から徒歩15分





伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


長谷の灯り 江の島灯籠
板橋地蔵尊大祭 ぼたもち供養
鶴岡八幡宮例大祭 面掛行列