鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝船出の浜
(真鶴町:岩海岸)

編集:yoritomo-japan.com







源頼朝船出の浜


 1180年(治承4年)8月24日、石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、山中に逃れ、一時箱根権現に潜んでいたが、土肥実平の案内で土肥郷へと移り、8月28日、この浜から安房へと向かった(参考:源頼朝上陸地)。

 湯河原町の城願寺に残されている頼朝主従七騎の伝説によれば、従っていたのは、安達盛長岡崎義実、新開忠氏、土屋宗遠、土肥実平田代信綱

 頼朝の脱出に協力した漁船は、その後長く税が免除されたと伝えられている。

 また、観音様が船頭となって助けてくれたという伝説も残されている。

 その頃、北条政子は、平氏の手から逃れるため伊豆山権現を頼った後、秋戸郷に移っている。



源頼朝船出の浜 源頼朝船出の浜
源頼朝船出の浜
(真鶴町岩海岸)

 浜は海水浴場となっており全面には岩大橋が架けられている。


源頼朝・・・真鶴から安房へ(okadoのブログ)

源頼朝の守り本尊〜正(聖)観音像〜(okadoのブログ)



真鶴・謡坂の碑
謡坂の碑

 源頼朝に従っていた土肥実平は、浜へ向かう途中の坂で、無事を祝い、再起を願って歌い踊ったという。

 参考:リンクボタン焼亡の舞


〜碑文より〜

土肥に三つの光あり

第一には八幡大菩薩我君を守り給う和光の光と覚えたり

第二には我君平家を討ち亡ぼし一天四海を照らし給う光なり

第三には実平より始めて君に志ある人々の御恩によりて子孫繁昌の光なり

嬉しや水水鳴るは瀧の水

悦び開けて照らしたる土肥の光の貴さよ

我家は何度も焼かば焼け

君が世にお出になったら広い土肥の椙山に茂る木を伐って邸など何度でも造りかえる

君を始めて万歳楽我等も共に万歳楽


真鶴駅・旗挙げ鍋
旗挙げ鍋
(真鶴駅前)

 真鶴から安房へ向けて船出した源頼朝

 このときに世話になった浦人3人に五味、青木、御守という苗字を与えた。

 五味は食事を提供した者、青木は頼朝が隠れ潜んだ岩屋(鵐窟)を木で覆い隠した者、御守は見張り役をした者で、真鶴三苗字と呼ばれているのだとか。

 真鶴駅前の旗挙げ鍋は、源頼朝旗挙フェスティバルで使用されたもの(現在、駅前には置かれていません。)。 







=参考=

〜源頼朝が隠れたという岩窟〜

鵐窟
リンクボタン鵐窟
(真鶴町)
しとどの窟
リンクボタンしとどの窟
(湯河原町)



〜船出の地に残された伝説〜

児子神社
リンクボタン児子神社
(真鶴町)
真鶴・瀧門寺
リンクボタン瀧門寺
(真鶴町)

真鶴・貴船神社
リンクボタン貴船神社
(真鶴町)



〜七騎落ちの伝説と上陸の浜〜

城願寺七騎堂
リンクボタン城願寺七騎堂
(湯河原町)
源頼朝上陸地
リンクボタン源頼朝上陸地
(鋸南町)

 土肥実平の菩提寺城願寺七騎堂と、源頼朝が上陸したという安房国の平北群猟島


源頼朝特集・・・挙兵から鎌倉入り(okadoのブログ)



源頼朝挙兵

歴史めぐり源頼朝


貴船祭



源頼朝船出の浜

「源頼朝船出の浜」(岩海岸)は、JR真鶴駅から徒歩15分。



〜源頼朝船出MAP〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


寺集 ヒガンバナ
腰越漁協みなとまつり 円覚寺開山忌
道灌まつり お十夜
運慶 建長まつり