鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

児 子 神 社
〜真鶴:源頼朝船出の浜〜

編集:yoritomo-japan.com







真鶴・児子神社


 真鶴町の児子神社は、延喜年間の創建と伝えられる古社。

 1180年(治承4年)、石橋山の戦いで平氏に敗れた源頼朝が船出したという岩海岸を見下ろす高台に建てられた社。


祭神

惟喬親王之御子神
(これたかしんのうのみこがみ)





〜頼朝の船出と万寿の伝説〜

 1180年(治承4年)8月28日、土肥実平の手引きによって岩海岸にたどり着いた源頼朝一行が安房へ向けて船出しようとしたときのこと。

 実平の子遠平が「子の万寿に会ってから・・・」と言い出した。

 万寿の母は、頼朝に敵対した伊東祐親の次女・万劫。

 内通を疑った実平は、遠平を下船させたのだという。

 その後、遠平は和田義盛の用意した船で頼朝一行を追うが、子の万寿には会う事はできなかった。

 遠平の船が出た後に駆けつけた万寿は、父方は源氏に、母方は平氏に別れてしまったことを嘆き、海に身を投げたのだという。

 それを憐れんだ村人は万寿を児子神社に祀ったのだと伝えられている。

 近くの瀧門寺の五層塔は、万寿を葬った塔なのだとか・・・。


真鶴・瀧門寺
リンクボタン瀧門寺



〜源頼朝の七騎落ちの伝説と
上陸の浜〜


城願寺七騎堂
リンクボタン城願寺七騎堂
(湯河原町)
源頼朝上陸地
リンクボタン源頼朝上陸地
(鋸南町)

 土肥実平の菩提寺城願寺七騎堂と、源頼朝が上陸したという安房国の平北群猟島



〜頼朝の船出と岩村〜

 真鶴町と合併するまでは、岩村と呼ばれていた岩地区。

 「祝村」(いわいむら)を呼ばれていたものが「岩村」(いわむら)と呼ばれるようになったのだとか。

 「祝村」と呼ばれた由来は・・・

 平氏の追跡から免れた頼朝が喜んで「祝村」と名付けた。

 船出した頼朝が、戦に敗けたことがなかったことから「祝い村」と呼ばれるようになった。

 などの話が残されている。


真鶴・岩海岸
リンクボタン源頼朝船出の浜
(岩海岸)


真鶴・貴船神社
リンクボタン貴船神社
(真鶴町)

 貴船神社は、源頼朝が必勝祈願の護摩を焚いたと伝えられる社。







歴史めぐり源頼朝

貴船祭



真鶴・児子神社
児子神社

神奈川県足柄下郡真鶴町岩653

JR真鶴駅から徒歩15分



真鶴で源頼朝
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。







伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時