鎌倉手帳(寺社散策)

城 願 寺
〜土肥実平の菩提寺〜
(湯河原町)

編集:yoritomo-japan.com







湯河原城願寺


 城願寺からJR湯河原駅周辺にいたる地は、土肥実平の館があったとされている。

 実平は、石橋山の戦いで敗れた源頼朝を庇護した「頼朝七騎」の中心人物。

 城願寺は、平安時代からあったとされ、実平の持仏堂をその始まりとする。

 密教寺院だったが、南北朝期に雲林清深が再興して臨済宗に改め、師で南禅寺建長寺に住持した清拙正澄を勧請開山とした。

 五山十刹に次ぐ諸山に列せられていたという。
 
 戦国期に大州梵守(海蔵寺三世)が再興して曹洞宗に改められた。
 
 土肥一族の墓所があり、ビャクシンの古木は実平お手植えとされる。

 毎年4月の第一日曜日に行われる「土肥祭」では、土肥実平と源頼朝主従の法要が行われ、「焼亡の舞」(じょうもうのまい)が奉納される。


勧請開山は、実際に開いた僧が、師を開山とすること。


湯河原城願寺



土肥実平
リンクボタン土肥実平
七騎堂
リンクボタン七騎堂

 七騎堂には、 源頼朝真鶴から安房へ渡る際に従った「頼朝七騎の像」が祀られている。


土肥祭
リンクボタン土肥祭
焼亡の舞
リンクボタン焼亡の舞

4月第一日曜日の土肥祭源頼朝の武者行列)では、成願寺で供養が行われ、実平が土肥館が焼かれるのを見て舞ったという焼亡の舞が行われる。







城願寺ビャクシン
ビャクシン


 ビャクシンは、実平お手植えと伝えられ、樹齢800年と推定される国の天然記念物。


土肥一族の墓
土肥一族の墓所



湯河原城願寺 湯河原城願寺



歴史めぐり源頼朝



湯河原城願寺
城願寺

神奈川県足柄下郡湯河原町城堀252

JR湯河原駅から徒歩10分



湯河原・頼朝MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


寺集 ヒガンバナ
腰越漁協みなとまつり 円覚寺開山忌
道灌まつり お十夜
運慶 建長まつり