鎌倉手帳(寺社散策)

 三 嶋 大 社
静岡県三島市

編集:yoritomo-japan.com







三嶋大社


 東海随一の神格だったと考えられている三嶋大社。

 創建年は不詳。

 祭神は、大山祇命(おおやまつみのみこと)・積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)。

 平治の乱に敗れ伊豆国へ流されていた源頼朝は、三嶋大社を崇敬し、「源氏再興の旗挙げの日」を三嶋大社の祭礼の日と定め、1180年(治承4年)8月17日、伊豆国の目代山木兼隆を討ち取った。

 石橋山の戦いでは敗れたものの、真鶴から船出して安房国(源頼朝上陸地)へ渡って軍を整え、鎌倉に入り、見事、武家の都市を創り上げている。

 宝物館には、北条政子奉納という国宝「梅蒔絵手箱」が残されている。


 大山祇命は、山森農産の守護神、また事代主神は「恵比寿」とも称され福徳の神として現代でも厚い崇敬を受けている。


リンクボタン源頼朝が勧請した三島大明神
(感応寺:藤沢市)

リンクボタン源頼朝が勧請した森戸大明神

リンクボタンコノハナノサクヤヒメの神話
(大山祇命の娘)





三嶋大社たたり石
リンクボタンたたり石
安達盛長警護の跡
リンクボタン安達盛長警護の跡

 旧東海道にあった石と、安達盛長源頼朝を警固した場所。


厳島神社
リンクボタン厳島神社
三嶋大社神池
リンクボタン神池

北条政子が勧請したと伝えられている社と、源頼朝が放生会を行ったという池。


三嶋大社総門
総門
矢田部盛治の像
矢田部盛治の像

 矢田部盛治は、東海大震災で倒壊した社殿を復興した人物。


三嶋大社腰掛石
リンクボタン腰掛石
三嶋大社神馬舎
リンクボタン神馬舎

 源頼朝北条政子が休息したという石と、毎朝、神を乗せて箱根山に上ったという神馬。


三嶋大社神門
神門

1867年(慶應3年)の竣工。この先から清浄地。







三嶋大社のキンモクセイ
リンクボタン金木犀
三嶋大社舞殿
舞殿

金木犀は、樹齢1200年ともいわれる国の天然記念物。


三嶋大社本殿
リンクボタン本殿
三嶋大社祓所神社
祓所神社

 総欅造の本殿は、国の重要文化財。






伊豆魂神社
伊豆魂神社
三嶋大社芸能殿
芸能殿

伊豆一円の戦没者の霊が祀られている社と、慶応4年に建てられた旧総門。


三嶋大社神鹿苑
神鹿苑
源頼朝旗挙の碑
源頼朝
旗挙げの碑


若山牧水歌碑
若山牧水歌碑
三島神社の扁額
扁額

のずえなる三嶋のまちのあげ花火月夜のそらに消えて散るなり・・・牧水

扁額は有栖川宮熾仁親王書。


松尾芭蕉句碑
松尾芭蕉句碑
右内神社
リンクボタン右内神社

どむみりと楝や雨の花曇  芭蕉



〜伊豆・箱根の二所詣〜

 『吾妻鏡』によれば、源頼朝は、走湯山箱根山の二所権現と三嶋社を参詣する「二所詣」を1188年(文治4年)に行っている。

 これが「二所詣」の最初の記録で、以後、鎌倉時代を通して行われた。


箱根神社
リンクボタン二所詣



〜源頼朝の伝説〜

 崇敬する三嶋大社に百日参籠した源頼朝は、その途上で数々の伝説を残した。

リンクボタン餅売り嫗と源頼朝・・・成願寺

リンクボタン源頼朝の鞍掛明神・・・荒木神社

リンクボタン頼朝公手洗水・・・右内神社(三島市)

リンクボタン源頼朝仮眠の伝説・・・間眠神社(三島市)

リンクボタン頼朝が写経を納めた法華寺

リンクボタン大庭景親の頼朝暗殺計画

リンクボタン頼朝が腕を斬り落とした地蔵尊







歴史めぐり源頼朝



三嶋大社
三嶋大社

静岡県三島市大宮町2−1−5

JR「三島駅」から徒歩7分
伊豆箱根鉄道駿豆線「三島田町駅」から徒歩7分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)