鎌倉手帳(寺社散策)

二所詣 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



七人の頼朝の伝説
〜三嶋大社〜

編集:yoritomo-japan.com







 源氏再興を祈願して以来、三嶋大社を崇敬していた源頼朝は、毎年四度の祭礼に詣でることを誓っていたそうですが、鎌倉からは遠く、百姓への負担を考えると思いどおりにはいきませんでした。

 そこで、安久村(現在の三島市中郷地区)の由緒正しい百姓七人を選び、大祭に輪番で代参するよう命じました。

 代参者は、頼朝を名乗ることが許され、征夷大将軍の装束と左折金帽子が与えられました。

 その出で立ちは、鎌倉殿に少しも異ならなかったそうで、七人の頼朝は、毎年、輪番を違わずに社参したのだそうです。


源頼朝


 代参の頼朝は、「よりとも」ではなく「らいちょう」と呼ばれていたそうです。

 これは「在庁」(ざいちょう)を意味していたのだといいます。

  そして、安久村から間眠神社横を通って三嶋大社へ向かう道は「在庁道」・「頼朝道」と呼ばれていました。

 代参は明治の初めまで行われていたそうです。







歴史めぐり源頼朝



三嶋大社
リンクボタン三嶋大社

 三嶋大社は源頼朝が崇敬した神社。

 頼朝は1188年(文治4年)、走湯山(伊豆山)と箱根山の二所権現と三嶋社を参詣する「二所詣」を始めている。


静岡県三島市大宮町2−1−5

JR東海道線「三島駅」より徒歩15分。
伊豆箱根鉄道「伊豆三島田町駅」より徒歩10分



三嶋大社と御門の守護神と
源頼朝伝説

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






源頼朝配流の地・北条氏発祥の地
(伊豆の国市)

北条の里〜頼朝・時政・政子をめぐる〜
(伊豆の国市)

 伊豆・箱根

熱海の源頼朝伝説

伊東で源頼朝伝説

湯河原・真鶴の源頼朝伝説


特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編