鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉鎌倉は紅葉・黄葉シーズン!  紅葉長谷寺ライトアップ開催中!  紅葉明月院本堂後庭園公開中!  紅葉長壽寺の秋の特別拝観  渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」

八代執権北条時宗

編集:yoritomo-japan.com







北条時宗


 鎌倉幕府八代執権北条時宗は、1251年(建長3年)5月15日、祖母松下禅尼「甘縄の第」で誕生。

 父は五代執権北条時頼、母は葛西殿(北条重時の長女)。


 リンクボタン北条時宗の誕生と鶴岡八幡宮の隆弁

 リンクボタン鎌倉北条九代


北条時宗産湯の井
リンクボタン北条時宗産湯の井
(甘縄神明神社)






 1257年(正嘉元年)2月26日

 六代将軍宗尊親王の御所で元服し、一字を賜り「相模太郎時宗」と名乗る。


 1261年(文応2年)正月4日

 時頼が子息の序列を相模太郎(時宗)、相模四郎(宗政)、相模三郎(時輔)、相模七郎(宗頼)と定める。


 1261年(文応2年)4月23日

 有力御家人安達義景の娘堀内殿と結婚。


 1261年(文応2年)4月25日

 極楽寺で小笠懸が催され、将軍御前で妙技を披露。

 リンクボタン弁慶と北条時宗の伝説〜極楽寺〜



〜子息の序列〜

 1261年(文応2年)正月4日、北条時頼は、鶴岡八幡宮参拝の供奉者の名簿に記されている子息の順番を相模太郎時宗・四郎宗政・三郎時輔・七郎宗頼の順に直すよう指示した。

 これは、「時宗は全てにおいて兄の上に着すべき」 という時頼の意向によるもの。

 宗政は時宗の同母弟。

 時輔は異母兄。

 宗頼は異母弟。

 こうして、時頼は、北条得宗家の後継者が時宗であることを内外に認めさせていった。

 この年の4月23日、時宗は、有力御家人安達義景の娘堀内殿と結婚し、さらにその基盤を盤石なものとする。

 結婚の翌々日の25日、極楽寺で行われた小笠懸で、時宗が将軍の御前で妙技を披露すると、時頼は「時宗こそ受け継ぐ器に相当」と喜んだのだという。



八重一重咲分桜
桜八重一重咲分桜
(極楽寺)

 極楽寺の八重一重咲分桜は時宗のお手植えと伝えられている。



 1264年(文永元年)8月11日

 連署に就任。


 1268年(文永5年)3月5日

 八代執権に就任。

 この年の正月、モンゴルの皇帝フビライからの国書がもたらされ、幕府は異国による襲来の危機にさらされていた。



〜中継ぎの執権〜

 時宗の父時頼は、1256年(康元元年)11月22日、病気を理由に執権の座を退き、その職を時宗の祖父北条重時の子長時に譲るが、これは時宗が幼少であったための措置で、長時は時宗の代理としての就任だった。

 1264年(文永元年)には、長時が執権を辞し、一族の長老北条政村が執権に就任。

 この措置も、まだ14歳だった時宗の代理というものだった。

 1268年(文永5年)、時宗執権に就任すると、政村は連署となっている。



 1272年(文永9年)2月11日

 兄時輔の謀叛に加担したとみられる名越時章と名越時教の兄弟を殺害。


 1272年(文永9年)2月15日

 六波羅探題南方の時輔を襲撃し殺害(二月騒動)。


 1274年(文永11年)10月

 蒙古襲来(元寇・文永の役)


 1275年(建治元年)9月7日

 元国(蒙古)の使者・杜世忠ら5人を龍ノ口で処刑。


 1281年(弘安4年)5月

 2度目の蒙古襲来(元寇・弘安の役)


元使塚
リンクボタン元使塚
(常立寺)

 処刑された杜世忠ら5人の供養塚。

 リンクボタン莫煩悩〜禅に求めた不動心:北条時宗と蒙古襲来〜



〜蒙古襲来と立正安国論〜

立正安国論の碑
桜立正安国論

 日蓮『立正安国論』の中で二月騒動蒙古襲来を予言していた。




 1282年(弘安5年)3月1日

 巨福呂坂から鎌倉へ入ろうとした一遍を阻止。


鎌倉・光照寺
リンクボタン光照寺

 北鎌倉の光照寺は一遍の法難霊場に建てられた寺院。



 1282年(弘安5年)12月8日

 円覚寺落慶。


鎌倉・円覚寺
リンクボタン円覚寺

 円覚寺は、元寇の犠牲者を敵味方なく供養するために北条時宗が創建。


 1284年(弘安7年)4月4日

 無学祖元を戒師として出家。

 同日死去(34歳)。

 円覚寺に葬られた。


円覚寺佛日庵
リンクボタン佛日庵

 円覚寺の佛日庵は北条時宗の廟所。

 4月4日に命日には、時宗公毎歳忌が行われる。






〜時宗ゆかりの地〜

安達盛長邸址碑
リンクボタン甘縄邸跡
鎌倉・聖福寺跡
リンクボタン聖福寺跡

 時宗が誕生した松下禅尼「甘縄の第」がどこにあったのかは不明だが、甘縄神明神社の近辺という説が有力(参考:無量寺跡)。

 聖福寺(廃寺)は、北条時頼が二人の息子(正(聖)寿丸(=時宗)と福寿丸(=宗政))の息災延命を祈願して建てた寺と伝わる。


鎌倉太平寺
鎌倉観光太平寺跡
鎌倉・明月院
リンクボタン明月院

 鎌倉尼五山の一位だった太平寺(廃寺)は、時宗によって招かれた大休正念によって仏殿供養が行われたのがはじまりと伝えられている。

 時宗は、父時頼最明寺蘭渓道隆を招いて再興して禅興寺(廃寺)とした。

 明月院は廃寺となった禅興寺の支院だった。


鎌倉・極楽寺
リンクボタン極楽寺
鎌倉・桑ケ谷療養所
リンクボタン桑ヶ谷療養所跡

 極楽寺は医王如来と崇められた忍性が開いた寺。

 境内の八重一重咲分桜(桐ヶ谷)は、京都御所の左近の桜としても植えられた鎌倉原産の桜で、時宗のお手植えとされている。

 桑ヶ谷療養所は、時宗の命により極楽寺忍性が開いた貧民救済のための療病施設だった。


鎌倉・東慶寺
リンクボタン東慶寺

 時宗の死後、妻の堀内殿は出家して覚山尼と号し、翌年、東慶寺を開いた。







北条得宗家の所領だった北鎌倉
山内荘と北条氏

北条氏ゆかりの寺社・史跡
北条氏をめぐる鎌倉



鎌倉:北条氏MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時