鎌倉手帳(寺社散策)

 山内荘と北条氏
~禅寺が建ち並ぶ北鎌倉~


編集:yoritomo-japan.com







北鎌倉山ノ内


 建長寺円覚寺をはじめとする北条氏ゆかりの禅寺が並ぶ北鎌倉。

 現在の山ノ内から横浜市栄区・戸塚区にかけては、「山内荘」といわれる荘園で、1180年(治承4年)10月に源頼朝が鎌倉入りした時は、山内首藤経俊の所領でした。

 しかし、経俊は、頼朝が挙兵したときに平家側についたため、山内荘を没収され、身柄は土肥実平に預けられます。

 このとき、山内荘の支配も実平に預けられました。

 参考:リンクボタン母の哀訴で許された山内経俊


北鎌倉明月院
リンクボタン明月院

 明月院は、山内経俊が平治の乱で討死した父俊通の菩提を弔うために建てた「明月庵」を起源としているといいます。

明月院やぐら
リンクボタン明月院やぐら

  境内にある「明月院やぐら」は、上杉憲方の墓といわれていますが、山内経俊が造った「やぐら」であるともいわれています。



~土肥から北条のものに~

 1213年(建保元年)5月、和田義盛北条義時に滅ぼされます(和田合戦)。

 このとき、山内荘は、土肥実平の孫惟平が地頭職を務めていましたが、惟平は和田義盛に味方したため処刑されてしまいます。

 山内荘は北条義時に預けられました。

 以後、山内荘は北条得宗家の所領として管理され、北条時頼以降、建長寺をはじめとする禅刹が建立されていきます。


2022年のNHK大河ドラマは・・・
北条義時!

鎌倉殿の13人~十三人の合議制~

二代執権北条義時



建長寺
リンクボタン建長寺

 建長寺は、1253年(建長5年)、北条時頼によって創建された臨済宗建長寺派の大本山。

  鎌倉五山第一位。

 鎌倉への玄関口巨福呂坂の入口に建てられ、日本初の「禅専門道場」として栄えました。

 圓應寺長壽寺建長寺の塔頭。

圓應寺
リンクボタン圓應寺
長壽寺
リンクボタン長壽寺



北条時頼廟
リンクボタン北条時頼廟

 1256年(康元元年)、北条時頼は明月谷に最明寺を建てます。

 時頼は最明寺で隠居生活を送り、1263年(弘長3年)11月22日、最明寺で没っしています。

 時頼の死後、最明寺は廃寺となりますが、子の北条時宗が禅興寺として再興しました。

 禅興寺の支院の一つが「紫陽花寺」として知られる明月院です。







浄智寺
リンクボタン浄智寺

 浄智寺は、北条時頼の三男宗政の菩提を弔うために建立された寺院。

 鎌倉五山第四位。



円覚寺
リンクボタン円覚寺

 円覚寺は、1282年(弘安5年)、元寇による戦死者を弔うために北条時宗が創建。

 臨済宗円覚寺派の大本山。

 鎌倉五山第二位。

円覚寺佛日庵
リンクボタン佛日庵

 塔頭の佛日庵には、時宗貞時高時が祀られています。



東慶寺
リンクボタン東慶寺

 東慶寺は、1285年(弘安8年)、北条時宗の妻・覚山尼が開いた寺。

 かつては、「駆け込み寺」とも「縁切り寺」とも呼ばれる女性を救済するための尼寺でした。








北鎌倉の禅寺
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


北条氏をめぐる鎌倉

鎌倉五山

60年に一度の洪鐘祭
洪鐘祭:円覚寺弁財天祭礼
2020年10月17日・18日






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)