鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



円覚寺洪鐘祭絵巻


編集:yoritomo-japan.com








 『円覚寺洪鐘祭絵巻』は、山ノ内下町の栗田要造(17歳)が1901年(明治34年)4月1日から3日に開催された洪鐘祭の行列を描いたもの。

 洪鐘祭の翌年の3月に完成した。


 『円覚寺洪鐘祭絵巻』は、毎年11月に催される円覚寺宝物風入の時にに展示されていたが・・・

 ここ数年は、かなり縮小しての開催となっているので、展示されるかどうか・・・


「円覚寺洪鐘祭絵巻」の画像は『円覚寺弁才天洪鐘祭附祭絵巻研究成果報告書』より。




 2023年10月29日(日)60年に一度の円覚寺弁財天の祭礼「洪鐘祭」が行われました。

令和の洪鐘祭 祭礼行列 2023/10/29





円覚寺洪鐘祭絵巻
江ノ島唐人行列・唐人囃子


円覚寺洪鐘祭絵巻


円覚寺洪鐘祭絵巻


円覚寺洪鐘祭絵巻


円覚寺洪鐘祭絵巻


 洪鐘祭は、九代執権北条貞時が江の島の弁財天を円覚寺に勧請したことに始まる祭礼。





円覚寺洪鐘祭絵巻
山ノ内八雲神社の榊と円覚寺の僧





円覚寺洪鐘祭絵巻
山ノ内八雲神社の面掛行列


 八雲神社の面掛行列は、江戸時代以来、例大祭で行われてきたが、1965年(昭和40年)の洪鐘祭を最後に絶えたのだという。

 面は坂ノ下の御霊神社面掛行列の面を模したものだったらしい。

 御霊神社面掛行列は、鶴岡八幡宮祭礼行列の面掛行列に倣ったものと伝えられている。


八雲神社例大祭(山ノ内) 八雲神社例大祭(山ノ内)
面掛行列の面

 面掛行列の面は八雲神社に伝えられている。



令和の洪鐘祭 面掛行列 2023/10/29

 令和の洪鐘祭では八雲神社面掛行列も参加。





円覚寺洪鐘祭絵巻
山ノ内伶人奏楽



円覚寺洪鐘祭絵巻
宝珠・宝袋造り物と神花稚児行列





円覚寺洪鐘祭絵巻
山ノ内八雲神社神輿渡御



八雲神社例大祭
リンクボタン八雲神社例大祭

 7月に行われる例大祭(神幸祭)は、八雲神社と山崎八雲神社(北野神社)の神輿と合流する行合祭。 





円覚寺洪鐘祭絵巻
下町の宝珠花車


円覚寺洪鐘祭絵巻


円覚寺洪鐘祭絵巻





円覚寺洪鐘祭絵巻
下町の東京芸者による踊台と通り囃子





円覚寺洪鐘祭絵巻
仲町の洪鐘花車

 実は巻末が祭礼行列の先頭らしい。


円覚寺洪鐘祭絵巻



円覚寺洪鐘
リンクボタン円覚寺の洪鐘

 円覚寺の国宝「洪鐘」は、九代執権北条貞時が七日七夜江の島弁財天に参籠して鋳造が成功したというもの。

 絵巻に描かれているのは張子の洪鐘。





円覚寺洪鐘祭絵巻
上町の大太鼓花車と通り囃子


円覚寺洪鐘祭絵巻


円覚寺洪鐘祭絵巻










円覚寺
リンクボタン円覚寺

 円覚寺は、八代執権北条時宗が宋の禅僧無学祖元を招いて開かれた。



円覚寺洪鐘
リンクボタン円覚寺の洪鐘

 円覚寺の国宝「洪鐘」は、九代執権北条貞時が七日七夜江の島弁財天に参籠して鋳造が成功したというもの。



江の島
江の島

 江の島は神仏混淆の霊地として信仰を集めた島。

 源頼朝文覚にに命じて江の島に弁財天を勧請し、奥州平泉藤原秀衡調伏の祈祷を行った。



江島神社
リンクボタン江島神社

 江島神社は、奥津宮中津宮辺津宮からなる神社で、江戸時代までは江の島弁財天と呼ばれた。

 辺津宮は源実朝鶴岡八幡宮の供僧・良真に命じて創建。



江の島弁財天
リンクボタン奉安殿

 江島神社辺津宮にある奉安殿には、

 女性の象徴をすべて兼ね備えているといわれる「裸弁財天(妙音弁財天)」と、

 源頼朝文覚に命じて勧請したとも伝わる「八臂弁財天像」

 が安置されている。










円覚寺洪鐘祭


 洪鐘祭は60年に一度開催される円覚寺弁財天の祭礼。



鎌倉五山

北条氏をめぐる鎌倉
(北条氏ゆかりの寺社・史跡)

宝物風入





鎌倉の紅葉


円覚寺舎利殿










鎌倉の行事・祭



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮