鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 青天を衝け
鎌倉殿の13人 特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編



聖天島
〜天女出現伝説:江の島〜


編集:yoritomo-japan.com







聖天島


 江の島の岩窟に籠もって修行した鶴岡八幡宮の供僧良真の「天女出現伝説」の古跡。

 1202年(建仁2年)、修行を積んだ良真が「天女が現われるのを見た場所」といわれている。

 その後、良真は、三代将軍源実朝の命で1204年(元久元年)に宋国へ渡り仏舎利を持ち帰り、1206年(建永元年)には、源実朝に願い出て、江島神社辺津宮を開いたのだと伝えられている。

 辺津宮の開山堂には良真の木像が納められていたが、開山堂が壊されてからは聖天島の祠に安置されている。


聖天島
良真像

 良真が持ち帰った仏舎利は、円覚寺舎利殿に納められているものだという。


リンクボタン宋に憧れた将軍〜源実朝の渡宋計画〜

リンクボタン源実朝が請来した仏舎利の伝説
(円覚寺舎利殿の仏舎利)







聖天島


聖天島

 聖天島は、関東大震災の隆起によって江の島と陸続きとなり、東京オリンピックの際のヨットハーバー整備のための埋め立てによって、現在は、島の上部のみが残されている。

 写真の左に写っているのが、かつての聖天島。

 「聖天島」は、2つの岩からなっていて、その姿が「歓喜天」の姿に似ていたことから「聖天」と名づけられた。

 八坂神社の神輿の担ぎ手は、この島で禊ぎをして、新しい下帯をして祭礼に向かったと伝えられている。







江島神社辺津宮
リンクボタン江島神社辺津宮


〜良真の伝説〜
蟇石
リンクボタン蟇石
江島霊迹建寺の碑
リンクボタン江島霊迹建寺の碑
(宋国伝来の古碑)


リンクボタン宋に憧れた将軍〜源実朝の渡宋計画〜

リンクボタン源実朝が請来した仏舎利の伝説
(円覚寺舎利殿の仏舎利)



okadoのブログ

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋






歴史めぐり源頼朝



江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分








鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時