鎌倉手帳(寺社散策)

江島神社:中津宮
〜江の島〜


編集:yoritomo-japan.com







江島神社中津宮


 江島神社の中津宮は、853年(仁寿3年)、慈覚(円仁)による創建と伝えられている。

 慈覚は比叡山延暦寺の貫主(天台座主)を勤めた高僧。

 1689年(元禄2年)に改築。

 1996年(平成8年)には、全面的な改修が行われ、元禄改修時の社殿が再現されている。

 江戸時代には、商人・芸人の信仰を集めた。

 祭神は市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)





江の島中津宮不老門
リンクボタン不老門再建記念碑
(竜宮の楼閣跡)
江の島中津宮水琴窟
リンクボタン水琴窟
(心身浄化・運気向上・幸運)


江の島中津宮美人守り
リンクボタンよくばり美人守
(もっと美しくなりたい)


中村座の燈籠
中村座の燈籠
手形モニュメント
手形モニュメント

 七代目尾上菊五郎、五代目尾上菊之助親子の手形モニュメント。


江の島中津宮景色
中津宮からの景色



okadoのブログ

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋







歴史めぐり源頼朝



江島神社
リンクボタン江島神社

 江島神社は、欽明天皇の勅命で岩屋に宮を建てたのがはじまりとされる。
 現在は、辺津宮中津宮奥津宮からなる。


江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分

東京2020オリンピック






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)