鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

不楼門再建記念碑
〜江島神社:中津宮〜


編集:yoritomo-japan.com







江の島中津宮不老門


 かつて、江島神社中津宮社前には竜宮の楼閣のような門があって、妙音弁財天像が安置されていたという。

 辺津宮を創建したという良真が建立したという言い伝えもあるが、定かではない(参考:聖天島)。

 不老門は長い間の風雨で壊れたままになっていたが、1861年(文久元年)、津久井郡勝瀬村の富豪岡部政右衛門が私財を投じて再建。

 江の島参詣者にとって、不老門をくぐることが魅力の一つといわれてきた。


江の島弁財天
リンクボタン奉安殿
(江の島弁財天)


 しかし、明治の廃仏毀釈の運動で、江の島の仏教関係の建造物は全て取り除かれ、壊された。

 不老門に安置されていた妙音弁財天も破壊される運命にあったが、江島神社に安置されていたという八臂弁財天とともに破壊は免れ、現在は辺津宮にある奉安殿に安置されている。



江の島中津宮景色
不楼門跡からの景色



okadoのブログ

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋





歴史めぐり源頼朝



江島神社中津宮
リンクボタン中津宮

江島神社中津宮は、853年(仁寿3年)、慈覚(円仁)による創建と伝えられている。


江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分

東京2020オリンピック
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会は2021年に延期。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時