鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



江の島ヨットハーバー〜湘南港〜

編集:yoritomo-japan.com







江の島ヨットハーバー

 江の島のヨットハーバー(湘南港)は、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックのヨット競技場として整備された。

 当時は日本初の競技用ハーバーとして建設されている。


江の島ヨットハーバー



江の島ヨットハーバー

江の島ヨットハーバー


さざえ島
さざえ島

江の島ヨットハーバー
ヨットハウス







〜1964オリンピック記念〜

 湘南港のオリンピックの碑と湘南港北側の緑地にある噴水池は、1964年(昭和39年)のオリンピック東京大会ヨット競技の開催を記念したもの。


1964オリンピック
オリンピックの碑

噴水池
噴水池



〜東京2020オリンピック〜

2020東京オリンピックモニュメント


 2015年(平成27年)6月8日、国際オリンピック委員会理事会で、東京2020オリンピック競技大会のセーリング競技会場が江の島(湘南港)に決定。

 1964年(昭和39年)に開催された時は「ヨット」と呼ばれていた競技だが、2000年(平成12年)のシドニーオリンピックから「セーリング」と呼ばれている。

 2020年1月5日、弁天橋の袂には記念モニュメントが建てられた。

 オリンピックの開催は、新型コロナウイルス感染症の影響で1年延期され、2021年7月25日〜8月4日に開催されている。


2020東京オリンピック 2020東京オリンピック


江の島ヨットハーバー







歴史めぐり源頼朝



江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編