鎌倉手帳(寺社散策)

宝 物 風 入
建長寺・円覚寺(鎌倉)

編集:yoritomo-japan.com







宝物風入


 毎年、11月3日を含めた3日間、建長寺円覚寺で宝物風入が行われ、絵画・書籍・工芸品・彫刻などの宝物を拝観することができます。

 建長寺では、国宝の「蘭渓道隆像」「法語規則」をはじめ、賢江祥啓の「三十三観音像」「北条時頼坐像」などの重要文化財が展示されます。

 円覚寺では、宝物拝観に併せて、無学祖元の塔所正続院の国宝「舎利殿」が特別公開されます。


2019年の宝物風入は・・・
11月2日〜4日

9:00〜16:00
(円覚寺の最終日は15:30まで)

ニュース

〜円覚寺の宝物風入〜
 2019年の円覚寺の宝物風入は、舎利殿の公開のみで大方丈での宝物展示は行われないそうです。
 大方丈では、特別法話坐禅会「功徳林」(13:00〜14:30 )が行われるようです(1000円)。
 詳しくは円覚寺ブログでご確認ください。

ニュース

〜建長まつり〜
 2019年の建長寺の宝物風入では、昨年から始まった建長まつりも開催されます。



=参考=
(一部宝物の紹介)

宝物風入・建長寺
リンクボタン建長寺の宝物
宝物風入・円覚寺
リンクボタン円覚寺の宝物







〜国宝舎利殿の公開〜
(円覚寺)

円覚寺正続院
リンクボタン正続院
円覚寺舎利殿
リンクボタン舎利殿

 舎利殿のある正続院は、開山の無学祖元の塔所。

 宝物風入の期間中に特別公開される。

 国宝「舎利殿」に納められている「仏舎利」(右の奥歯)は、三代将軍源実朝が宋の能仁寺から請来したとされている。


公開時間: 9:00頃〜16:00頃

拝観料: 大人:200円
中学生以下:無料



〜建長寺のイベント〜

建長まつり
リンクボタン建長まつり

 建長まつりは、2018年から始まったイベント。

 今年は、宝物風入に合わせて開催されます。

 けんちん汁5000食の振る舞い、山門楼上が特別公開されるなどのイベントが盛りだくさん。



けんちん汁
リンクボタンけんちん汁

 精進料理の「けんちん汁」は、建長寺の発祥だともいわれています。
 
 建長まつりでは、「けんちん汁講座」が開催されます。



宝物風入の頃はヒメツルソバが見頃!

円覚寺のヒメツルソバ
リンクボタン円覚寺
建長寺ヒメツルソバ
リンクボタン建長寺

 建長寺のヒメツルソバの景色はなくなっていました(2018/11/03)



洪鐘祭:円覚寺弁財天祭礼

 洪鐘祭は60年に一度行われる円覚寺弁財天の祭礼。

 宝物風入では「円覚寺洪鐘祭絵巻」を拝観することができます。

 ただし、2019年は宝物展示がないようですので無理ですが・・・







建長寺
リンクボタン建長寺
JR北鎌倉駅から
徒歩15分
円覚寺
リンクボタン円覚寺
JR北鎌倉駅から
スグ



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)