鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
黒地蔵縁日黒地蔵縁日 江の島灯籠江の島灯籠
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



建長寺の方丈
(龍王殿)


編集:yoritomo-japan.com







建長寺方丈


 建長寺の方丈は、「龍王殿」と呼ばれ、過去には度重なる罹災と復興が繰り返された。

 1641年(寛永18年)にも再建されているが、1923年(大正12年)の関東大震災により倒潰したため、現在の建物は、総門と同じく1940年(昭和15年)に京都の般舟三昧院から移築されたもの(1732年(享保17年)建立)。

 本来、方丈は住職の居間であるが、現在では、11月の宝物風入や各種儀式、コンサートなどの催しなどに使用されている。

 本尊は、宝冠釈迦如来。


建長寺方丈
龍王殿の額

建長寺方丈
襖絵「龍王図」
(水墨画家・白浪筆)


建長寺の龍神伝説

 長谷の駕籠かきが坂ノ下の海から建長寺まで乗せたのは、方丈の池の主だった。


武家の古都・鎌倉






建長寺唐門
リンクボタン唐門(勅使門)


 方丈の正門は、「唐門」(からもん)と呼ばれる。

 屋根が唐破風になっているためで中国風という意味ではない。

 唐門は、仏殿西来庵中門と同じく、芝増上寺の徳川二代将軍秀忠夫人(崇源院)の御霊屋にあったものが移築された。

 2011年(平成23年)に保存修理が行われ、全面に飾金具が付けられていた華美な姿が復元されている。


唐門
修理前


okadoのブログ
保存修理が終了した建長寺の唐門

宝物風入・・・建長寺



建長寺方丈庭園
リンクボタン建長寺の名勝庭園

 方丈の背後には禅宗を象徴する庭園がある。

 方丈は、建長寺の創建当初より池に面して建てられていた。

 江戸時代の末までは松の霊木が存在していたといわれ、大覚禅師(蘭渓道隆)が庭に出てみると、松の木の上から話しかけるものがあるので、「あなたはだれですか?」と尋ねると「鶴岡八幡宮の神である」と答えたという。


影向の松



建長寺茶筅供養
リンクボタン茶筅供養
宝物風入
リンクボタン宝物風入


茶道と禅道(茶禅一致)〜建長寺の茶筅供養〜(okadoのブログ)


建長寺方丈
方丈内部
建長寺方丈・大太鼓
大太鼓


建長寺大庫裡
大庫裡

建長寺得月楼
得月楼







建長寺
リンクボタン建長寺

 建長寺は、五代執権北条時頼が宋の蘭渓道隆を招いて開いた日本で初めての「禅専門道場」。
 臨済宗建長寺派大本山。
 鎌倉五山の第一位。


鎌倉市山ノ内8
0467(22)0981

JR北鎌倉駅から徒歩15分



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時