鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:新型コロナウィルスの影響によるイベント等の開催の有無

鎌倉:臨済宗の寺

編集:yoritomo-japan.com







 臨済宗の開祖は栄西

 栄西は、比叡山延暦寺で天台宗を学んだ後、二度にわたって宋に渡り「臨済禅」を修めた。

 京都で布教活動をしていたが比叡山の反対に遭い鎌倉に下った。

 ただ、鎌倉においても禅僧として受け入れられたのではなく、祈祷僧として信仰されていた。

 しかし、のちに五代執権北条時頼の時代になって禅宗が隆盛する素は栄西によってつくられた。


栄西
リンクボタン木造栄西禅師坐像


 禅が武士に強い影響をもつようになったのは、宋から渡ってきた蘭渓道隆(大覚禅師)や無学祖元(仏光国師)らの禅僧によるものが大きい。

 禅宗は、座禅によって自分自身が悟りを開こうとする「自力本願」の宗教で、命をかける武士にふさわしい教えとして受け入れられた。


禅〜自身で開く悟り:鎌倉新仏教〜

茶道と禅道(茶禅一致)〜建長寺の茶筅供養〜

栄西の喫茶養生記





≪建長寺派≫

建長寺
リンクボタン大本山建長寺
(山ノ内)
鎌倉・寿福寺
リンクボタン壽福寺
(扇ヶ谷)

浄妙寺
リンクボタン浄妙寺
(浄明寺)
鎌倉・常楽寺
リンクボタン常楽寺
(大船)

報国寺
リンクボタン報国寺
(浄明寺)
鎌倉・海蔵寺
リンクボタン海蔵寺
(扇ヶ谷)

円応寺
リンクボタン圓應寺
(山ノ内)
鎌倉・長寿寺
リンクボタン長壽寺
(山ノ内)

鎌倉・明月院
リンクボタン明月院(山ノ内)


リンクボタン建長寺の塔頭






≪円覚寺派≫

鎌倉・円覚寺
リンクボタン大本山円覚寺
(山ノ内)
鎌倉・浄智寺
リンクボタン浄智寺
(山ノ内)

鎌倉瑞泉寺
リンクボタン瑞泉寺
(二階堂)
鎌倉・東慶寺
リンクボタン東慶寺
(山ノ内)


鎌倉・大慶寺
リンクボタン大慶寺
(寺分)


リンクボタン円覚寺の塔頭



〜禅寺の格式を表した五山の制度〜

建長寺
リンクボタン鎌倉五山
南禅寺
リンクボタン京都五山



リンクボタン宗派別鎌倉の寺

リンクボタン鎌倉の寺院一覧







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時