鎌倉手帳(寺社散策)

東 慶 寺
=駆け込み寺=

編集:yoritomo-japan.com







鎌倉:東慶寺


 東慶寺は、1285年(弘安8年)の創建(臨済宗円覚寺派)。

 鎌倉尼五山第二位。

 山号は松岡山、寺号は正式名称は東慶総持禅寺。

 開山は、八代執権北条時宗の妻で覚山尼

 「覚山尼」の法号は、無学祖元より授けられたもの。

 開基は、時宗と覚山尼の子北条貞時(九代執権)。

 かつては、「駆け込み寺」とも「縁切り寺」とも呼ばれる女性を救済するための尼寺で、東慶寺で三年間奉公をすれば離縁できるという「縁切寺法」があった(五世用堂尼以降は24ヶ月に短縮。)。

 後醍醐天皇の皇女用堂尼の入山で繁栄し、豊臣秀頼の娘天秀尼も住職を勤めている(徳川秀忠の娘千姫の養女)。

 墓地には、覚山尼用堂尼天秀尼釈宗演など歴代住職をはじめ、西田幾多郎、安倍能成、岩波茂雄、鈴木大拙など各界の有名人が眠っている。


鎌倉観音巡礼第32番札所
(聖観世音)

開山:覚山尼
開基:北条貞時
本尊:釈迦如来





東慶寺仏殿
リンクボタン泰平殿(本堂)
東慶寺鐘楼
リンクボタン鐘楼

東慶寺梵鐘
リンクボタン梵鐘
東慶寺書院
リンクボタン書院

除夜の鐘:鎌倉


松ヶ岡宝蔵
リンクボタン松岡宝蔵
水月堂
リンクボタン水月堂

 松岡宝蔵の木造聖観音立像は、土紋が施された仏像で、廃寺となった太平寺の仏殿に安置されていたもの。

 その仏殿は、円覚寺の塔頭正続院に移築されている舎利殿



〜茶室〜

茶室寒雲亭
リンクボタン寒雲亭
茶室白蓮舎
リンクボタン白蓮舎

 寒雲亭は、裏千家の茶室で、一般公開はされていない。

 白蓮舎は、立礼席(りゅうれいせき)の茶室で、アジサイハナショウブが見頃になると茶店として公開されている。





〜墓地〜

 開山覚山尼、五世用堂尼、二十世天秀尼釈宗演などの歴代住職の墓のほか、哲学者の西田幾多郎、和辻哲郎、作家高見順、岩波書店創業者岩波茂雄らの墓がある。

覚山尼の墓
リンクボタン開山覚山尼の墓

 東慶寺の歴代住職は、名門の出が多い。

 五世用堂尼後醍醐天皇の皇女(鎌倉宮の祭神護良親王の妹)。

 用堂尼が入山したことで東慶寺はその地名をとって「松ヶ岡御所」と称された。

 二十世の天秀尼は、豊臣秀頼の子で千姫の養女(千姫は徳川秀忠の娘で徳川家康の孫にあたる。)。

 天秀尼は大坂落城後、東慶寺に入った。

 (参考:千姫の墓(京都:知恩院))

用堂尼の墓
リンクボタン五世用堂尼の墓
天秀尼の墓
リンクボタン二十世天秀尼の墓

釈宗演の墓
リンクボタン釈宗演の墓
前田青邨筆塚
リンクボタン前田青邨の筆塚

 釈宗演は円覚寺派管長を務め、東慶寺を中興した高僧。

 円覚寺仏殿「白龍の図」は前田青邨監修のもと、守屋多々志が揮毫したもの。







水月観音
宝  物
東慶寺のイワタバコ
花・景色


リンクボタン女性を救った駆け込み寺
(大名を罰した天秀尼)

リンクボタン東慶寺を中興した釈宗演
(夏目漱石・鈴木大拙)

リンクボタン天秀尼の念持仏〜阿弥陀如来立像〜



夏目漱石参禅記念碑
リンクボタン夏目漱石
参禅百年記念碑
松ヶ岡文庫入口
リンクボタン鈴木大拙と
松ヶ岡文庫

 円覚寺釈宗演に参禅した夏目漱石は、のちに当時東慶寺にいた釈宗演を再訪している。

 鈴木大拙は、明治から昭和にかけて活躍した仏教学者で、松ヶ岡文庫は、大拙の師・釈宗演の発案で東慶寺に創設された。





駆け込み女と縁切り寺法・・・北鎌倉:東慶寺(okadoのブログ)

駆け込み女と駆け出し男・・・北鎌倉東慶寺(okadoのブログ)


山ノ内道の散策(okadoのブログ)

禅〜自身で開く悟り:鎌倉新仏教〜(okadoのブログ)



北条得宗家の所領だった北鎌倉
山内荘と北条氏

北条氏をめぐる鎌倉
(北条氏ゆかりの寺社・史跡)



鎌倉:東慶寺
東慶寺

鎌倉市山ノ内1367

JR北鎌倉駅より徒歩3分


鎌倉の臨済宗の寺



〜北鎌倉の寺社・史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


八雲神社例大祭 建長寺開山忌
観蓮会 ぼんぼり祭
江の島灯籠 龍の口竹灯籠
四万六千日 黒地蔵縁日