鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:新型コロナウィルスの影響によるイベント等の開催の有無

土紋装飾の仏像
=鎌倉地方独特の装飾=

編集:yoritomo-japan.com







土紋装飾

鎌倉地方独特の装飾方法
=土紋装飾とは?=

 粘土や漆などを混ぜて型で抜き、刺繍の文様を立体的に表現する鎌倉独特の装飾方法。

 鎌倉に土紋装飾を施された仏像は七体あるといわれている。


来迎寺
リンクボタン来迎寺

如意輪観音半跏像
覚園寺
リンクボタン覚園寺

阿弥陀如来坐像


宝戒寺
リンクボタン宝戒寺

歓喜天像
浄光明寺
リンクボタン浄光明寺

リンクボタン阿弥陀如来坐像


浄智寺
リンクボタン浄智寺

リンクボタン韋駄天立像
東慶寺
リンクボタン東慶寺

リンクボタン聖観音立像


円覚寺伝宗庵
リンクボタン伝宗庵
(円覚寺塔頭)

リンクボタン地蔵菩薩坐像





運慶
リンクボタン運慶

 鎌倉時代には、運慶らの慶派の仏師が活躍し、これまでにない仏像が造立されたが、鎌倉では、慶派の技法を取り入れつつ、中国(宋)の文化も取り入れた鎌倉地方独特の様式があみ出された。

 土紋による装飾方法もその一つ。

 宋風を取り入れた代表的なものに、高徳院の「鎌倉大仏(銅造阿弥陀如来坐像」、東慶寺の「水月観音菩薩半跏像」、圓應寺「初江王坐像」があげられる。


okadoのブログ
土紋が施された如意輪観音・・・西御門来迎寺

鎌倉様式の阿弥陀三尊像・・・浄光明寺

土紋が施された聖観音〜東慶寺〜

水面に映る月を眺める水月観音・・・東慶寺

運慶〜鎌倉の武家政権と奈良仏師〜






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時