鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉鎌倉は紅葉・黄葉シーズン!  紅葉長谷寺ライトアップ開催中!  紅葉明月院本堂後庭園公開中!  紅葉長壽寺の秋の特別拝観  渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」

覚山尼の墓
〜鎌倉:東慶寺〜

編集:yoritomo-japan.com







覚山尼の墓


 東慶寺を開いた覚山尼は、八代執権北条時宗の正室。

 父は安達義景、母は北条時房(北条政子の弟)の娘。

 1284年(弘安7年)4月、時宗が臨終に先立ち出家すると供に出家し、無学祖元から「覚山志道」という法名が与えられた。

 翌年、東慶寺を開く。 


覚山尼の墓





覚山尼
覚山尼像
仏殿安置)

 1251年(建長4年)7月4日、甘縄の安達邸で誕生。

 翌年、父義景が亡くなったことから兄泰盛の猶子として育てられ、1261年(弘長元年)、10歳のときに一つ年上の時宗に輿入れした。

 1271年(文永8年)、嫡男の貞時を生む。

 1306年(徳治元年)10月9日死去。

 法号は「潮音院殿覚山志道尼」。


〜日蓮の佐渡流罪と覚山尼の懐妊〜

 1271年(文永8年)9月12日、日蓮が捕らえられて龍ノ口刑場に引き連れられたが、時宗は妻が懐妊したことの喜びからから、死一等を減じ佐渡流罪としたのだという(参考:龍ノ口法難)。

 この年の暮れに誕生したのが、のちに九代執権となる北条貞時


ぼたもち供養







東慶寺
リンクボタン東慶寺


 東慶寺は、北条時宗の妻覚山尼が開いた。
 かつては、鎌倉尼五山第二位の格式を誇り、夫の横暴に悩む女性の救済場所だった。

鎌倉市山ノ内1367



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時